RAVPower RP-PB186 29WのPD対応 10000mAhのモバイルバッテリーを買ったのでレビュー

RAVPowerから新発売のPD対応モバイルバッテリー「RP-PB186」を購入したのでレビューします。

 

RAVPowerから新発売のモバイルバッテリー「RP-PB186」

RAVPowerから10000mAhのモバイルバッテリーが新発売されました。

10000mAhと聞くだけだとあまり、ぱっとしないですが、PD対応で29Wまで対応しています。

さらにそれだけじゃなく、軽量コンパクトっていうので、モバイルバッテリーはもう買わないでおこうと思っていたのに買ってしまいました。

 

RP-PB186のレビュー

今年何度も見たRAVPowerの箱です。

 

中身はバッテリー本体、ケース、USB-AとCのケーブル。

袋はアルカンターラ調で結構いい感じです。

 

端子はUSB-AとUSB-Cに対応しています。

充電はUSB-Cのみとなりますが、今はmicro-Bの端子のケーブルをあまり持ち歩かないので、Cに統一したいと考えていることもあり、今回の購入に至りました。

 

インジケーターは4つのランプで残りの残量がわかるようになっています。

 

裏面はこんな感じです。

14.5V=2Aで29Wが最高出力になるようです。

 

厚さは2.5㎝と少し厚め。

 

長さは10.5㎝程度です。

 

重さは187.4gと軽量です。

 

Ankerの13400mAhのモバイルバッテリーと比べて

今メインで使っているモバイルバッテリーはAnkerのスイッチ対応のものです。

13400mAhあって、PD対応なので重宝しています。

しかし、258.7gと結構重め。

あと、13400mAhあっても、普段のお出かけだと使い切らないので、無駄に重さを持ち運んでいることになっています。

それもあって、今回のRP-PB186を買いました。

 

でもAnkerの13400mAh方が優れているところもあります。

まず、インジケーターが多いので、残量がさらにわかりやすいです。

ドイツでGoProを給電撮影するときに使っていましたが、13400mAhでも朝から夕方くらいまでしか持たなかったので、10000mAhだと昼過ぎ程度だと思いますので、使い分けしようかなと思っています。

 

RP-PB186の欠点

正直欠点が見当たりません。

ケーブルがPD対応のUSB-Cにしてくれていたらよかったのにとは思いますが、製品の欠点ではありませんし、インジケーターも4つで必要十分といえばそれまでです。

 

まとめ

まだ45W要求のLG gramを充電できるかは試していませんが、30Wの充電器でゆっくりと充電できていたので、警告は出るけれどゆっくり充電できるという感じだろうなと思っています。

スマホだけならもっと小さい6700mAhのものでもいいかもしれませんが、G7X mark3はPD充電しか対応していないので、今からモバイルバッテリーを買うのならPD対応がおすすめです。