RAVPower RP-WD009 ワイヤレスSDカードリーダー「FileHub」を1週間使ったのでレビュー

RAVPowerから発売されているRAVPower FileHub RP-WD009を7月28日に注文し、29日から9日間使ってみました。実際に使ってよかったところ、悪かったところを紹介します。

 

RAVPower FileHub RP-WD009の概要

RAVPowerから発売された最新ワイヤレスSDカードリーダーです。

ワイヤレスSDカードリーダーと紹介しましたが、実はこれは正確ではありません。

できることがめちゃくちゃ多い!!

 

  • ワイヤレスSDカードリーダー
  • ワイヤレスUSB外部記憶装置
  • ファイル共有
  • SDをUSB外部記憶装置にバックアップ
  • モバイルバッテリー(6700mAh)
  • インターネットルーター
  • アクセスポイント(有線LANを無線LANへ)
  • ブリッジ接続の中継器

 

もしかしたらまだできることがあるかもしれません。

それくらいできることが多い多機能なやつです。

 

私がRP-WD009を買う理由に至ったのは、有線LANを無線LANのアクセスポイントにする機能、SDをUSBの外付けHDDやSSDにバックアップができることです。

特にアクセスポイントにする機能は、自身に搭載しているバッテリーで稼働できるところが魅力的でした。

コンセントを占領することなく、有線LANを無線LANにできてしまうのです。

 

また、最近Canon G7X MarkⅢを買った記事を何度も書いていますが、SDカードの写真をすばやくUSB接続のメモリやHDDに保存ができるので、旅先でPCを開けない移動中などにバックアップを取ることができます。

 

RAVPower FileHub RP-WD009の開封レビュー

さっそく恒例の開封です。

外箱はこんな感じです。

 

裏面にはRAVPowerの会社の住所などが。

ちゃんとPSEマークもついています。

 

最近RAVPowerの製品がいいものが多くて、RAVPower Familyが多くなっていると思います。

 

底はこんな感じです。

 

開けてみると、保証書と説明書が見えます。

 

全部出すと、本体、保証書、説明書、USB充電器です。

本体はこんな感じです。

5つのインジケーターがあります。

裏面には仕様が、6700mAhは決して大容量とはいいがたいですが、スマホ2回は余裕で充電できます。

 

SDカードスロットです。

私はGoPro用にmicroSDで買いそろえていますが、アダプターをかませば問題なしです。

 

電源ボタンです。

フラットなので、ポケットでも引っ掛かりません。

 

こちらのふたを外すと。

 

USB-A、USB-C、LAN端子が出てきます。

 

重さは192.5gとバックに入れても気になりません。

 

1週間使ったレビュー

29日届いて1週間使ってみました。

まずはよかったところから。

 

よかったところ

期待していた有線LANを無線LANにする機能は、ハブからLANケーブルを差すだけで使えました。

全然めんどくさい設定もなく、パスワードを入れて普通のWiFiに接続するのと変わりませんでした。

スピードも問題ありませんでした。

さらには朝から夜までバッテリーが切れることなく、十分使えました。

これだけで私の中では買ったかいがありました。

一応5台までらしいですが、1人で使う分には十分です。

 

SDカードも挿入しており、そこにNASのような使い方でファイル共有としてスマホとPCを連携させています。

PCからはブラウザに「10.10.10.254」と入れることで、アクセスすることができます。

また、スマホからは専用のアプリの「RAV FileHub」があり、これがなかなかいい感じのファイル管理アプリになっています。

PCはDELLのE5500なので動画再生はFHDまでですが、普通に見ることができますし、スマホからは4K動画を再生しても、読み込みに少し時間はかかるもののきちんと再生できます。

正直、想像以上によくできており、かなり使い勝手がいいです。

 

また、SDカードのバックアップですが、まだUSBメモリにしかしていませんが、ボタン1つでバックアップができるので便利です。

ただし、私は大容量のUSBメモリは持っておらず、SDの方が容量が大きいので、外付けのHDDか衝撃を考えてSSDを旅には持ち歩きたいと思います。

 

いまいちなところ

いまいちなのはモバイルバッテリーとして使えるのがUSB-Aのみで、充電はUSB-Cというところです。

ここはUSB-Cでも充電できるようにしてほしかったです。

さらに言うならPDにも対応してくれるとありがたかったです。

なぜなら、Canon G7X MarkⅢのUSB充電が9V要求のPDだから。

カメラと抱き合わせで考えていたので、これは残念ポイントです。

 

でもそれくらいしか、残念に思う点はありませんでした。

基本的にモバイルバッテリーはAnkerのPD対応の13400mAhの買ってますし。

 

改善してくれると嬉しいポイント

電池の残量がわかりにくいので、%表示は難しくても、せめて3段階くらいで表示してほしいかな。

これは厳しいと思いますが、デジカメのSDから直接写真を送れるようになると文句のつけようがありません。

 

まとめ

RAVPower FileHub RP-WD009を購入しました。

ワイヤレスでSDカードやUSBメモリにファイルを送信したり、ほかの端末とファイルを共有できるようになります。

また、有線LANにつなぐとWiFi環境を構築することができ、仕事面がかなりはかどります。

ワンタッチでSDカードをUSBメモリや外付けHDDにバックアップを取ることができるので、カメラが好きな人に特におすすめです。