その調理、9割の栄養捨ててます(金スマで紹介)のレシピ

中居正広さんがMCの金スマを見ていたら、その調理、9割の栄養捨ててますが特集されており、名医 VS 料理好き芸能人で、栄養を無駄にしない作り方をやっていたので覚書です。

 

第8位:ゴボウはアク抜きしない

ゴボウはアク抜きすると栄養素を40%捨てています。

ゴボウのアクと思っていたのはうま味成分で、アク抜きをする必要はありません。

さらには皮にもクロロゲン酸が含まれており、捨てないのがおすすめです。

 

第7位:ブロッコリーの茎を捨てるともったいない

ブロッコリーは茎にビタミン類が豊富に含まれており、茎を捨てるのはもったいないです。

硬い外側を薄切りにすれば、食べられます。

せっかくのビタミンが水で流れないように、蒸し料理や電子レンジで温めて調理するのがおすすめです。

 

第6位:納豆は熱々で食べると酵素が50%死滅

納豆は70℃以上の熱々にして食べるとナットウキナーゼが壊れてしまいます。

納豆汁や納豆オムレツはもってのほかで、納豆ご飯も熱々のご飯にのせるのはNGです。

納豆ご飯を食べる時は3分ほど待ってから納豆をのせていただくのがおすすめです。

 

第5位:ピーマンのワタと種を捨てると栄養90%減

ピーマンはワタにピラジンという栄養素が含まれており、血液をサラサラにする効果があります。

心筋梗塞や脳卒中を予防してくれ、美肌効果も期待できます。

ワタには10倍もピラジンが含まれています。

 

第4位:リンゴはいつもの切り方だと栄養80%減

リンゴには皮や芯に栄養が含まれています。

スターカットで食べるのがおすすめです。

リンゴを横に輪切りにして食べることで、皮が気にならずに食べられます。

 

第3位:にんじんは油と一緒に食べないとβカロテン60%減

にんじんを生で食べても吸収されるカロテンは8~10%です。

βカロテンは油には溶けますが、水には溶けない性質があり、にんじんは油で炒めたり揚げたりすることで、摂取できる栄養素がアップします。

 

第2位:大根はおでんにするとほぼ栄養ゼロ

大根はおでんにすると栄養素の99%を捨てています。

消化酵素のジアスターゼは熱に弱く、煮込んでしまうと壊れてしまいます。

また、ビタミンCも水溶性なので煮込むと、ビタミンCはほぼ流れ出てしまいます。

大根の栄養を効率よく摂るためには、大根おろしがおすすめです。

 

第1位:ゴマはすらないと栄養の吸収ゼロ

ゴマはすらないと、そのまま排出されてしまうので、栄養は吸収されません。

しかし、あらかじめすっておくと酸化されてしまうので、食べる直前にすることがポイントです。