きくち体操(金スマで紹介)のやり方

中居正広さんがMCの金スマを見ていたら、菊池和子さんが考案された「きくち体操」をやっていたので覚書です。

 

きくち体操とは?

きくち体操とは、体育教師をされていた菊池和子さんによって考案された体操です。

どう動かすと体にいいのかを研究されており、健康に直結する動き方の集大成がきくち体操です。

 

きくち体操のスタジオも多数持っておられ、すごい数の生徒さんに教えられている先生です。

足の指など普段は動かさないところを積極的に動かすことで、最期まで健康でいられる体づくりを教えられています。

 

肩こり解消のきくち体操のやり方

手のひら体操

①両肘を伸ばし、両手を前に出す。

 

②手のひらから指先までしっかり開く。

開いた指の間は均等になるようにする。

 

③10秒キープする。

 

口あけ体操

①口を大きく開けて、両手の人差し指と中指を口に入れる。

 

②10秒キープする。

目も大きく開けるのがポイント。

 

口が大きく開かない人は、肩の筋肉が衰えている可能性がある。

 

耳まわし体操

①両手で両耳を掴んで、耳たぶを上にしっかり持ち上げる。

気持ちよく感じられる程度の強さが目安。

耳が温かくなるのは血行が良くなっている証。

 

②耳の上部分を掴んで、下にしっかり引っ張る。

気持ちよく感じられる程度までが目安。

 

③耳を横にしっかり引っ張りながら、右回り左回りと5回ずつ回す。