ピンク筋ダイエット(世界一受けたい授業で紹介)のやり方 薪割りスクワット

世界一受けたい授業を見ていたら、脂肪も糖も消費してくれるスーパー筋肉のピンク金を増やす、ピンク筋ダイエットのやり方をやっていたので覚書です。

 

ピンク筋ダイエット

ピンク筋とは脂肪も糖も消費できる筋肉です。

 

筋肉には赤い筋肉の遅筋と白い筋肉の速筋があり、遅筋には持久力に優れて、脂肪を減らす働きがあります。

魚でいうとマグロのような筋肉です。

 

白い筋肉の速筋にはスピードに優れており、糖を減らす働きがあります。

魚でいうとヒラメのような筋肉で、瞬間的に動くことができます。

 

ピンク筋とは遅筋と速筋の両方のいいところを持っている筋肉で、脂肪も糖も減らしてくれる働きがあります。

さらにはピンク筋は睡眠中にも脂肪を消費してくれます。

 

相撲スクワットのやり方

①肩幅より広めに脚を開く。

 

②4秒かけて腰を下ろす。

 

③ゆっくりと片足を上げて、四股をふむ。

もう片方の足も上げて四股をふむ。

 

つま先の方向と膝の方向が同じ向きになるようにする。

違った向きだとひざを痛める可能性あり!

 

④四股を踏んだ後、この体勢で2回腰を沈める。

 

1日10回を3セット行う。

 

高齢の方や足腰に不安がある方は、椅子の背もたれを持つのがおすすめです。

 

薪割りスクワットのやり方

①肩幅に脚を開き、前方で手を組む。

 

②腕は地面と水平になるようにする。

 

③この体勢でゆっくり4秒かけて腰を沈める。

 

お尻を後ろに突き出すイメージで、膝がつま先よりも前に出ないことがポイント!

 

④腰を沈めたまま、薪割りをするようにゆっくりと腕を5回振る。

 

腕は90度しっかりと上げるようにする。

 

⑤3秒かけて元に戻る。

 

息を止めないように数を数えながら行う。

1日10回を3セット行う。