ブルードリームボウルをサンライズシャックで食べてきたのでレビュー ブルースピルリナの青いアサイーボウル 阪急うめだ ハワイフェア2019

ハワイのノースショアに本店がある、サンライズシャックが阪急うめだのハワイフェア2019にやってきました。アサイーボウルの次に来ると話題のブルースピルリナを使った、青いアサイーボウルを食べてきましたのでレビューします。

 

ブルースピルリナ

スピルリナとは藻の一種で、らせん形をして濃緑色の微生物です。

藻ですが、今スーパーフードとして注目されている食材です。

約60%がタンパク質であり、緑黄色野菜の栄養素も含んでいるので、歩く緑黄色野菜とまで言われるほどです。

 

ブルースピルリナはスピルリナのフィコシアニンという青色色素を使っており、インスタ映えするということで注目されています。

 

このブルースピルリナを使ったブルードリームボウルをサンライズシャックで食べることができます。

 

サンライズシャック in ハワイフェア

ハワイまで食べに行くのは大変ですが、阪急うめだのハワイフェア2019にSUNRISE SHACKが登場しました。

奥にはテレビで映っていたイケメンオーナーがいます。

 

お願いすると写真も撮ってくれるようです。

確かに超イケメンです。

 

サンライズシャックの場所は祝祭広場のメインステージの裏側です。

ちょうど真ん中のいい場所です。

私はフードエリアにあると思ってかなりさまよいましたが。

 

サンライズシャックのメニュー

コーヒー系は

クラシックバターコーヒー 571円

ココナッツブレットコーヒー 610円

ブラックコーヒー 451円

 

トロピカルスムージーは701円。

 

アサイーボウルは1201円。

ブルードリームボウルも1201円です。

 

レジ横にもメニューが貼りだしてくれています。

 

他にもサンライズシャックグッズが売られていました。

帽子で4,860円なので結構いいお値段しますけど、現地に買いに行くことを思えば安いですかね。

 

サンライズシャックの買い方

まずは行列になっているので並びます。

並んでいるとレジの前にお姉さんがいて、何にするかと下の名前を聞かれます。

コーヒーなら透明のカップ、ボウルなら透明のボウルに名前を書いて渡されます。

 

そして、レジにいるお兄さんにカップ、ボウルを渡して、お金を支払います。

ブルードリームボウルは1201円と書いてありますが、1200円でよかったです。

 

お金を支払ったら壁の近くで待っていてと言われて待ちます。

奥ではオーナーがスマホをいじっていました。

 

ブルードリームボウル

5分ほど待って出てきたのがこちらです。

みんなブルードリームボウルを頼むみたいで、お姉さんはアサイーボウルの方がおすすめですと言って誘導していましたが、ほとんどの人がブルードリームボウルを注文していました。

 

  • バナナ
  • マンゴー
  • ココナッツミルク
  • アーモンドミルク
  • はちみつ
  • ブルーマジック(海藻)
  • ココナッツ
  • クコの実
  • チアシード
  • ブルーベリー
  • シリアル

が入っているとのことです。

ブルースピルリナそのものの味を知らないのですが、ブルードリームボウルはバナナ味でした。

はちみつの甘さとココナッツの甘さがいい感じでした。

 

1,200円は高いなと思うかもしれないですが、ハワイのお店でも11.95ドル(多分大きさが違うけど)なので、相応の価格ですよ。

 

まとめ

アサイーボウルの次に来るというブルースピルリナを使った、ブルードリームボウルを食べてきました。

確かに美味しいですし、これでスーパーフードも含まれているのならいいですね。

ただ、調べてみたらサンライズシャックってハワイだけかと思ったら、神奈川県に2店舗、原宿に1店舗あるんですね。笑

 

阪急うめだのハワイフェア2019のレビューはこちらをご覧ください。

ハワイフェア2019 阪急梅田に行ってきたのでレビュー・レポ - たれ耳うさぎのブログ