新型MacBook Air 2018がRetinaディスプレイで画面も綺麗に LG gramとの比較

2018年10月30日に新しいiPadとMacbook Airが発表されましたね。見れば見るほど欲しくなってきたので紹介します。

 

新型Macbook Air

以前からMacbook AirがRetinaディスプレイだったらなと思っていたのですが、とうとうRetinaディスプレイでMacBook Airが発表されましたね。

 

スペック

1.6GHzデュアルコア第8世代Intel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)

Retinaディスプレイ

8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ

128GB SSDストレージ

Intel UHD Graphics 617

Touch ID

感圧タッチトラックパッド

Thunderbolt 3ポート x 2

バックライトキーボード - 日本語(JIS)

 

旧型MacBook Airとの比較

13インチ以下のノートパソコンが欲しいと思って、探していた時に旧型のMacBook Airも候補に入れていました。

しかし、旧型のMacBook Airは価格は10万円を切って魅力的だったのですが、やっぱりMacと言えばRetinaディスプレイが欲しいと思って、買うのをためらっていました。

 

しかし、旧型には何と言っても価格の魅力がありました。

非Retinaとはいえ、Appleストアで98,800円で購入できました。

 

新型は134,800円へと98,800円から36,000円もアップしています。

10万円を切る価格でMacを手に入るかどうかは結構重要だと思います。

特に税金関係で。

 

新型MacBook Airに魅力を感じるところ

新型MacBook Airの値段が高くなっても、それでも欲しいと思えるところは、第8世代のCorei5、Retinaディスプレイですね。

メモリは8GBとなっていますが22000円アップすれば16GBにもできますし、SSDもお金を出せばアップでるので、私が買うのならメモリ16GBの256GのSSDがいいと思っており、融通が利くのもいいですね。

ただし、お値段が178,800円(税別)とかなり高くなる印象ですが。

 

新型MacBook Airの見劣りするところ

現在私が使っているLG gram 13インチと比較してですが、外部接続がThunderbolt 3ポート x 2というのは使い勝手が悪いですね。

せめてUSBのTypeAが1つでもついていれば、かなり使い勝手が向上すると思います。

12インチのMacBookを購入候補から外したのもUSB TypeCが1つだけだったことも要因です。

 

また、重さも1.25kgと1kgを切ってくれませんでした。

バッテリーもLG gramは27時間持ちますが新型Macbook Airは12時間しかもちません。

 

新型MacBook Airは魅力的な商品

外部入力端子がUSB TypeCのみと重さが1kgを切らなかったこと、バッテリーも12時間と、少し私の使い方にひっかかるところはありますが、それ以上に新型MacBook Airがは魅力的ですね。

なんといってもやっぱりかっこいいです。

そして、キーボードが打ちやすそうなのもかなり魅力ですね。