「京都」の筆跡でわかる心理テスト(月曜から夜ふかしで紹介)結果・やり方

月曜から夜ふかしを見ていたら、京都を書くだけで仕事のできる度が分かる心理テストをやっていたので覚書です。

 

筆跡でわかる心理テスト

京都という文字を書くだけで、仕事のできる度が分かる心理テストです。

「京都」という文字には、四角い部分や、縦棒、横棒、たねなどたくさんの筆跡を見ることができます。

 

結果

「都」の左側の上から2番目の横棒が長い人は、頭の回転が速く、臨機応変な対応ができる才女タイプ。

アグレッシブで行動的な人が多い傾向にあり、先回りする。

対応能力や何かと気が回る人が多い。

ちなみに聖徳太子の筆跡にもこの特徴があったという。

 

「京」の文字の「口」の右上の角をしっかりと書く人は、真面目で几帳面、マニュアル通りに動く仕事向き。

一方丸く書いたりする人は、想像力豊かでアイデアが豊富、クリエイティブな仕事向き。

 

「京」の「小」の縦棒のハネを強く書く人は、仕事に対して責任感を持つタイプ。

 

「都」の右側のつくりの縦棒が長い人は、最後まで筆を離そうとせずに伸ばす行動から、結果に対する執着心を表す。

都の最後の縦棒を長く書く人は、平凡では満足できず、何事にもできるだけ良い結果を出そうと努力する。

そのため、残業や休日出勤を惜しまない人が多い。

逆に短い人はやる気がなく、すぐにあきらめる人と言える。