BMW E90のワイパー交換のやり方 純正だと思ったらValeoが届いた

BMWのワイパーが劣化してきて、全然拭き取れなくなってきたので、自分で交換してみましたので交換方法をレビューします。

 

ワイパーの寿命

ワイパーを交換したのは2013年の車検時に交換しただけで、かれこれ6年も交換していませんでした。

全然交換してないな!と思われるかもしれませんが、フッ素版のガラコを施工していたら、普通に水切れもよく全く交換の必要性を感じなかったからです。

 

しかし、この間花粉でガラスが汚かったので、ウォッシャー液とワイパーをかけたところ、綺麗に水が切れずにかなり視界が悪い!!

安全性にもかかわるので、速攻ワイパーを交換することとしました。

 

ディーラーでワイパーを購入すると高額

先日、リコールが届いていたので、ディーラーに連絡してそのついでにワイパーを交換してもらえるか聞いてみました。

もちろん、ディーラーなのでワイパー交換はやってくれるのですが、価格を尋ねるとワイパー価格だけで12000円程度かかると言われました。

さらには交換費用も見積もりされており、片側1000円ずつで合計14000~15000円ほどになる模様。

 

普通ワイパーなんて替えゴムで1000円、ワイパーアームを入れても3000円くらいが相場だと思っていたので、こりゃちょっと高すぎると思って、その場はリコールのみやってもらいました。

お金をあまりディーラーに落とさないので、最近対応が悪くなってきているのが若干気になりますが、自分で替えられるところに、無駄にお金をかけたくはありません。

 

BOSCHは純正カバーがつけられない

ワイパーを交換したいなら、オートバックスやイエローハットで相互品を買えばいいだろうと思うでしょうが、E90の相互品はBOSCHから売られているものの、BOSCHのワイパーアームは凡用品なので、純正のワイパーカバーが取り付けられません。

 

雨が拭けたらいいかもしれないですが、やっぱり見栄えが悪くなるので、純正カバーは取り付けたいところ。

 

Amazonで替えゴムを購入

ネットで純正のワイパーゴムがないか調べてみるとありました。

ドイツ直輸入の純正品で7,175円とまずまずのお値段。

他にも調べていると、Amazon Primeの商品ではなかったですが、「正規輸入品」と書かれており送料込みで4,524円。

 

私はこの時、正規輸入品という文字が「ドイツからの純正品の正規輸入品」と勘違いしておりました。

 

純正ワイパーだと思ったらValeo

届くのに数日かかるとなっていましたが、次の日に到着しました。

青い梱包材にくるまれて、取り付け日までそのままにしていました。

 

到着日の翌週の土日に取り付けようと思って、梱包材から取り出してみると

 

純正じゃねーじゃねーか!!

Valeoってどこのメーカーやねん!と思って自分の注文内容を確認すると。

 

「【正規輸入品】 BMW E90 E91(~'09/9) フラットワイパーブレードセット(LHD/RHD)」

 

確かにどこからの正規輸入品かは書いていません。

でも、この書き方だと純正品と勘違いするでしょうよ。

 

値段も安かったし、純正カバーは取り付けられるのならいいやと思って、返品せずに自分で使うことにしました。

 

BMW E90のワイパーの交換方法

BMWのワイパーの交換は道具は一切必要ありません。

しいて言うなら、アームがフロントガラスを傷つけないように保護ように布が必要な程度です。

 

やり方

まずはワイパーのカバーを外します。

写真の下側のでっぱりを押し込みたくなりますが、ここを押さえても外れません。

赤丸のところを押さえると簡単に外れます。

 

カバーが外れたらワイパーを逆さ向きにくるっと回すと外れます。

簡単に外れすぎて写真を撮り忘れました。

ちょっと錆びている銀色の棒で支えられている状態です。

 

新しいワイパーをはめたところです。

この向きにすればワイパーは外れます。

元の位置に戻して、純正カバーを取り付ければ終わりです。

 

Valeoのロゴがださい

無事に交換できましたが、1つだけ問題が。

ワイパーブレードにValeoのロゴが入っており、これが結構目立ってダサいです。

今度、コンパウンドでロゴ消し去ってやろうと考えています。

 

まとめ

ワイパーカバーの取り外し方がわかっていれば、1本あたり30秒で交換できるくらいの超簡単DIYです。

ディーラーはこんな作業に1本1,024円も請求するのは、ちょっといただけませんね。

せめて12,000円のワイパーを買ったら、ほとんど手間かからないので工賃くらいおまけしてほしいところです。

 

純正ワイパーを買ったつもりがValeoというサードパーティー製のものが届くというトラブルはありましたが、純正のワイパーカバーをきちんと使えたので、良しとします。