名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)のネタバレ・あらすじ 見てきたのでレビュー 2019年コナン映画

2019年のコナンの映画が4月12日に公開され、早速見に行ってきました。感想を紹介しますが、ネタバレする可能性があるので注意してください。

 

2019年コナン映画 紺青のフィストのみどころ

2019年のコナンの映画の題名は「紺青の拳(こんじょうのフィスト)」です。

今回は怪盗キッドと京極真とアーサーヒライ(コナン)の3人がメインです。

キッド推しの人はぜひ見に行ってもらいたいシリーズです。

 

今回のコナンの舞台はシンガポールです。

マーライオンとマリーナベイサンズがめちゃくちゃ出てきます。

コナンに興味がなくてもシンガポールに旅行に行ってきた方や、このGWに行ってくるよって人が行くと、ストーリー関係なく楽しめると思います。

 

そして、コナン初の海外が舞台となっています。

工藤新一が小さくなったのがコナンなので、コナンには戸籍がなく、パスポートが取れないので、本来は海外に渡る事はできません。

どうやってシンガポールに行ったのか、そのあたりの謎も楽しめるポイントです。

 

まぁ、毎回ながら突っ込みどころがすごいです。笑

先ほど触れたコナンがシンガポールに行った方法もめちゃくちゃですし、京極さん強すぎだろってなります。

特に京極さんの強さはドラゴンボールの映画の終盤の悟空くらいの強さがあります。無双です。笑

 

今回の映画は最後の方になるまでどんな事件なのかわかりにくいですが、最後まで観ると「あー」となりますが、動機としては微妙なところです。

 

 

名探偵コナン 紺青のフィストのあらすじ

シンガポールのマリーナベイサンズのバーでシェリリン・タンとレオン・ローが会っているところから始まります。

シェリリン・タンがレオン・ローへ何か提案をしており、イエスかノーを迫ります。

しかし、レオンはノーを突きつけます。

 

その後、シェリリンがエレベーターで降りるのですが、様子がおかしく、フラフラしながら歩いています。

別のエレベーターからレオンが不気味に笑って降りてきて、その後シェリリンは通行人にぶつかって倒れます。

倒れたシェリリンにはナイフが刺さっていました。

その時、駐車場にとめてあったシェリリンの車が爆発し、スプリンクラーが起動し現場は大混乱になります。

その中レオンは冷静に現場保存だといって、白い布をかぶせます。

 

警察が来て現場検証をしている中、予備警察のリシがやってきます。

リシはレオンが犯罪行動心理学を教えた弟子のような存在で、リシもレオンを先生と呼び親しい間柄です。

そんな中、現場となったエレベーターに血にまみれた怪盗キッドのカードが見つかります。

 

コナン、シンガポールへ

場面は日本の博士の家に移り、コナンが灰原に元の身体に戻る薬を手配してくれるようにお願いしていますが、それを灰原は断っています。

博士が理由を尋ねると、園子の彼氏の京極さんがシンガポールの空手の大会に出場することとなり、蘭と一緒に誘われているから行きたいとのこと。

しかし、灰原はかたくなに断り、博士も諦めるしかないようじゃと言っています。

 

その帰り道後ろに気配を感じたコナンは、曲がり角でつけてきた相手に時計型麻酔銃で撃とうとしますが、その相手は蘭でした。

「ずっと待っていたんだよ」という蘭の声が聞こえる中、コナンは意識を失ってしまいます。

 

何かに閉じ込められている中起きたコナンは、ボールペンを使ってファスナーをこじ開け外へ。

外に出たコナンが見た風景はシンガポールのマーライオンです。

 

そこには蘭と園子、毛利のおっちゃん、なんと工藤新一の姿もあります。

新一は「おっちゃんを木陰に案内していたんだよ」と言って、蘭も一緒に行こうといって新一とワイワイしています。

 

工藤新一は怪盗キッドが変装しており、コナンはどういうつもりだ怪盗キッド!と言って詰め寄ります。

怪盗キッドはシンガポール近海の沈没船から引き揚げられた秘宝のブルーサファイア、別名「紺青のフィスト」が、空手の大会のチャンピオンベルトに埋め込まれており、空手大会で優勝したものにその宝石が与えられるとのこと、キッドはどさくさに紛れて紺青のフィストをいただこうと思ったけれど、怪盗キッドとして入国するわけにもいかないから、工藤新一に変装したとのこと。

コナンが自分まで連れてくる必要ないだろうと言い返しますが、少しややこしいことになっており、それはおいおい説明すると。

 

今ここで正体をばらしてやるとコナンが言いますが、コナンがシンガポールまでこれたのは、怪盗キッドが手荷物検査やX線をクリアできる特殊なスーツケースにコナンと酸素発生機を入れて連れてきたからで、怪盗キッドの助けがないとコナンはパスポートがないので、日本に帰ることができないと脅します。

 

その時、蘭と園子がコナンを見つけ、「コナン君!?」「がきんちょ!?」となりますが、キッドが現地の子供だと嘘をつき、お名前は?と言われたコナンは、「アーサー・ヒライ」ととっさに偽名を言います。

蘭や園子は疑問に思わず、自分たちの自己紹介をし、アーサー(コナン)にご両親は?と聞きますが、両親は日本に行っており自分は留守番だと。

キッドがそこで一緒に来るか?と言ってアーサー(コナン)も同行することになります。

 

京極さん登場

園子が京極さんと待ち合わせでうろうろしていると、中富禮次郎という日本の海運会社の社長をやっている男に絡まれます。

コナンもいいうわさを聞かないと行っていたとおり、周りにはチンピラみたいな男がたくさんいます。

そんなピンチの園子を京極さんが華麗に助けてくれます。

 

そこで京極さんは大会に出場できなくなったと告白します。

京極さんは冒頭で殺害されたシェリリンがスポンサーとなってくれたので、この大会に出場できたのであって、そのスポンサーが死んでしまったので出場権がないとのこと。

強い相手がいるので戦ってみたかったと残念がる京極さんに、園子がスポンサーになるといって、鈴木財閥の力を使って京極さんの出場権を復活させます。

 

リシとの出会い

ホテルに戻ろうとするコナンたちにリシが接触してきます。

毛利のおっちゃんが入国してきたという情報を得たリシは、観光客が絶対に来るマーライオンの前で待っていたとのこと。

事件の手助けをしてほしいというリシの要請の内容を聞くと、怪盗キッドからの予告状が届いたからだと。

 

レオンとの出会い

リシの案内で一行はレオン邸へと訪問します。

怪盗キッドは紺青のフィストの持ち主であるジョンハン・チェンに予告状を出していましたが、保管はレオン邸の地下の最新鋭の金庫にされているとのこと。

ここで、レオンと一行は対面しますが、レオンは毛利のおっちゃんを見てオーラがないと見抜きます。

さらにコナンに何かを感じとり、工藤新一の変装をしているキッドには君はマジシャンみたいだねと本質を見抜きます。

 

そんな中、紺青のフィストの持ち主のジョンハン・チェンが、毛利のおっちゃんのファンだといってレオン邸に押し寄せてきます。

ぜひ、紺青のフィストを見ていってくれと、レオンの最新の金庫の中に入り込みます。

 

金庫は指紋認証で開き、定期的に場所が変わるようになっています。

これだとキッドも盗めないだろうというおっちゃんですが、空手の大会の最中は会場の一室に保管することになるので、ここよりもセキュリティーが劣るとのこと。

 

ジョンハン・チェンはレオンに万が一のことがあったら多額の違約金を支払う契約をしており、しっかり守ってくれよと上から目線です。

そんな中、工藤新一に変装しているキッドが、宝石を守る助けをさせてくださいとレオンと握手をします。

 

怪盗キッドが金庫へ

夜になり白いタキシードで白いハンググライダーに乗った怪盗キッドがレオン邸に忍び込みます。

指紋認証は昼間握手した時に採取しており、それで鍵を開けてしまいます。

金庫の内装が変わる問題は、特殊なペンで印をつけておくことで場所を特定します。

 

しかしながら金庫の中にレオンがおり、電子銃でキッドを気絶させます。

気絶したまま金庫へ放置し、そこへ水を流し込み水責めで殺しにかかります。

キッドはトランプ銃で何とか抜け出し、中庭へと逃げ込みます。

 

しかし、中庭には京極さんがおり、キッドはピンチを迎えます。

やられそうになった時、コナンがかなり遠くのビルの上からサッカーボールを蹴って京極さんの意識を反らせ、その間にプロペラ付きのハンググライダーでキッドは間一髪で逃げます。

レオン邸でのキッドの盗みは失敗に終わりました。

 

怪盗キッドの企み

レオンは紺青のフィストの引き上げまでもう少しといったところまで行っていたのに、ジョンハン・チェンに横取りされてしまったとのこと。誰かがジョンハン・チェンに場所をリークしたといわれており、一番の容疑者はレオンのところで顧問弁護士をしていたシェリリンであると。

シェリリンが京極さんのスポンサーになったのは、空手の大会で優勝させ、レオンが紺青のフィストを手に入れるのを妨害したかったからだと予測。

そのシェリリンが殺害されたが、動機のあり容疑者になりそうなレオンは、もっと有力な容疑者が現れたため、リストから外されています。

シェリリン・タンの殺害現場に怪盗キッドの予告状が残されていたので、キッドが一番の容疑者になっているとのことで、そのためシンガポールにやってきて、罠だとわかっているので、コナンを連れてきたと。

 

アーサー・ヒライの理由

アーサー・ヒライの理由は「アーサー・コナン・ドイル」と江戸川乱歩の本名の「平井太郎」が由来です。

 

紺青のフィストの感想

この後は新一(キッド)と蘭がマリーナベイサンズの夜景でロマンチックな雰囲気になり、コナンがやきもきしたシーンがあったりします。

それにしてもなぜ蘭はアーサーがコナンと気づかない。笑

新一が縮んでコナンになったのが分からなかったとしても、アーサーがなぜか日焼けして色黒になっていましたがコナンじゃん。

 

園子と京極さん屋台で食事をしているとチンピラに絡まれます。

ナイフやヌンチャク、酔拳を使ってくる相手を京極さんがやっつけている間に、園子が警察を呼ぼうとして車にはねられてしまいます。

それを自分のせいと落ち込む京極さんと、なぜかメンヘラ化する園子はちょっとイラっとしました。

 

最終的にはシンガポールの街に海賊がやってきてロケットランチャーなどが撃ち込まれますが、もうただの殺人事件じゃなくてクーデーターというか戦争。

大量にいる海賊を京極さんがやっつけるのは、まだわかるのですが、空手大会で優勝しためちゃくちゃ強そうな相手に、園子をおんぶしたままで戦って勝てるのはおかしいでしょ。笑

ついつい笑ってしまいました。

 

最終的な犯人はぜひ劇場で見てください。

見て損はないと思いますよ。