ガーリックシュリンプをハワイ土産のAloha Sunset(アロハサンセット)の粉を使って作ってみた

ちょくちょく更新しているハワイ記事ですが、もちろんお土産も買っており、アロハサンセットのガーリックシュリンプのシーズニングミックスを使って、ガーリックシュリンプを作ってみたのでレビューします。

 

ガーリックシュリンプにはまる

ノースショアへガーリックシュリンプを食べに行って、ガーリックシュリンプにはまりました。

以前から私はエビが大好きで、にんにくも好きなので嫌いになる要素がないのですけれど、実際に行くことで完全にはまりました。

 

家でも食べたいと思って、ハワイのお土産にアロハサンセットのガーリックシュリンプの粉を買っていたので、実際に作ってみました。

ちなみにAmazonでもガーリックシュリンプの粉は買えますよ。

 

Aloha Sunsetのガーリックシュリンプのシーズニングミックス

こちらが買ったシーズニングミックスです。

値段は忘れましたが、2ドル前後じゃなかったかなと。

 

裏面はこんな感じです。

作り方も載っていますが英語です。

簡単な英語なので雰囲気で大丈夫です。

1lbが何かわからなかったのですが、1ポンドで450g位のことをさす様です。

 

材料

海老・・1ポンド(約450g)

ガーリックシュリンプミックス・・1袋

バター・・1/2カップ(またはオリーブオイル1/2カップ、またはバターとオリーブオイル1/4カップずつ)

にんにく・・お好みで1~3片

 

作り方

①海老の下処理です。

本場のように背中に切り目を入れて背ワタを取っただけの殻付きにしました。

 

②にんにくもたっぷりとみじん切りにしました。

 

③バター1/4カップとオリーブオイル1/4カップをフライパンに熱し、にんにくを炒めます。

香りが立ったら、エビを入れます。

ガーリックシュリンプミックスも加えて炒めます。

 

④エビに火が通れば完成です。

 

完成品がこちらです。

本場のようにするのならごはんを横に添えるべきですが、シュリンプだけで食べました。

 

作った感想

本場っぽく殻付きで作りましたが、正直剥くのがめんどくさかったです。

手がベトベトになるし、熱いし。

こだわらなければ、殻をむいてから作った方が食べやすいし、味も染み込むのでいいかもしれません。

そしてアロハサンセットの粉は大活躍です。

めちゃくちゃ美味しくて、もっと粉を買っておけばよかったと後悔です。

 

まとめ

ガーリックシュリンプにはまった人なら、この粉を買って帰るのはありです!

作るのはめちゃくちゃ簡単ですし、味もおいしいのでおすすめです。