ルイ・ヴィトン展 in 阪急梅田(大阪)に行ってきたのでレビュー 口コミ 感想 混雑

7月14日から大阪の阪急うめだ本店で開催されている、LOUIS VUITTON展(ルイ・ヴィトン展)に行ってきたのでレビューします。

 

ルイ・ヴィトン「Time capsule展」in 阪急うめだ本店

7月14日から8月1日まで、阪急うめだ本店の催事場で、ルイ・ヴィトンのTime capsule展が開催されています。

香港、ロサンゼルス、マドリードなど世界で開催されている展示会で、日本では阪急うめだ本店で開催となっています。

無料でだれでも入れるようになっていますが、クイックパスを持っていると、特別展なども見れるようです。

 

ルイ・ヴィトン展の内容

入り口の様子

入り口には黒スーツの方がたくさん立たれていました。

結構にぎわっていましたが、入場規制がされるほどではありません。

 

ルイ・ヴィトン展の作品

様々なカバンなどが飾られていました。

 

旅行カバンから始まった会社なので、いろいろな旅行カバンがありました。

 

後ろが液晶になっており、電車で旅をしている感じが出ていました。

 

もう持ち運べるタンスですね。

 

ホテルのタグっぽいのもあってオシャレでした。

 

クリスタルのカバンはかなり印象的でした。

ただ、中身丸見えですけどね。

 

長旅なので、お茶ができるようなセットもありました。

 

持たされる執事さんたちが大変そうですね。

 

取っ手もおしゃれです。

 

レトロ感があります。

 

ホテルのタグがいい感じです。

 

ヴィトンのサッカーボールです。

蹴れないですけどね。

 

板垣退助が使っていたカバンです。

天板にITAGAKIと書かれています。

 

お茶のセットです。

 

Supremeが印象的なスケボーです。

かなりかっこよかったです。

 

ゴッホやダヴィンチのバッグです。

 

かなり斬新なデザインです。

 

最後の部屋

周りが液晶に囲まれておりかなり近未来的な部屋でした。

 

トランク型の液晶もよかったです。

 

この部屋だけでもかなり楽しめます。

 

ポストカードがもらえる

最後に1枚ランダムでポストカードがいただけました。

私は左の下から2番のが当たりました。

 

手仕事がみられる

職人さんが作っているところも見れます。

かなり近くで見られるので面白いですよ。

 

ショップもありましたよ。

 

感想

ヴィトンのブランドに興味がない人でも楽しめる展示会になっていました。

隣の特別展みたいなところはパスが必要だったので入れなかったのが残念です。

ヴィトンは財布しか買ってないのでそんな奴には招待状は送られてきませんでした。笑

とりあえず無料なので梅田に行く予定がある人は行ってみるといいですよ。