Canon G7X mark3で純正ではない社外の相互バッテリーを使うと警告が出るが使える PowerExtraのレビュー

Canon PowerShot G7X markⅢで社外の相互バッテリーを入れると警告画面が出てきました。一応使えましたが、紹介します。

 

デジカメのバッテリー問題

デジカメを旅行で使うときに問題となるのがバッテリーです。

G7X mark3はPowerDelivery規格の9Vが必要ですが、USB-Cで充電することは可能です。

しかし、バッテリー切れが起こった時にすぐに撮影したいときは予備バッテリーが便利です。

 

私も基本的には純正バッテリーを使いますが、いざというときのために予備バッテリーは持っており、PowerExtraというメーカーのNB-13L電池を買っていました。

2個同時に充電できる充電器もついて安いです。

 

Canon G7X mark3は相互バッテリーで警告が出る

バッテリー通信エラー

Canon G7X mark3にPowerExtraの相互バッテリーに入れてみました。

すると見慣れない警告画面が。

 

「バッテリー通信エラー ご使用のバッテリーにCanonのロゴはありますか?」と聞かれました。

 

「はい」を選んでみました。

「模倣品の可能性があります。お客様相談センターにご連絡ください。安全のために電源供給を停止します」と出てきて電源が落ちてしまいました。

 

まさか使えないのかと思ってもう1度チャレンジです。

 

今度はCanonのロゴはありますか?で「いいえ」を選びました。

すると「キヤノンは、このバッテリーの動作および安全性を保証いたしません。ご使用を続けますか?」と表示が。

ここでは「Canon」ではなくカタカナで「キヤノン」なんですね。笑

 

「いいえ」にすると電源が入らないので、「はい」を選ぶと普通に使うことができました。

 

相互バッテリーでも問題なく動く

バッテリーは確かに過電圧や過電流が流れると機械の故障につながるので、Canonとしても重要な部位なのだと思いますが、いちいちこの画面が出てきたらビビります。

一応最初の1回で、相互バッテリーと認めて動かすように選択しておくことで、次に起動したときはその画面は出ませんでした。

 

もちろん普通に撮影もできました。

しかし、動画撮影は純正よりも電池が持ちませんでした。

また、バッテリー残量は表示されませんでした。

 

まとめ

Canon PowerShot G7X markⅢで相互バッテリーのPowerExtraを使ってみました。

バッテリー通信エラーと見慣れない画面が出てきてビビりましたが、一応普通に使うことができました。

ただし、もし壊れた時の保証に関係するかなどはわからないので、使うときは自己責任でお願いします。

でも、普段は純正で緊急時に使うだけなら相互バッテリーで十分だと思うのですよね。

安全を取るならAmazonで純正電池が8月3日時点で6,348円で出ていますよ。