美肌菌(世界一受けたい授業で紹介)正しい洗顔のやり方

世界一受けたい授業を見ていたら、夏の肌ダメージをケア!肌の救世主として、美肌菌をやっていたので覚書です。

 

美肌菌を失ってしまう行為

カミソリを使用することで美肌菌を根こそぎ取ってしまいます。

肌の表面に美肌菌は生息していますが、カミソリで毛を剃ると表面の美肌菌を取ってしまい、潤いの無い肌となってしまいます。

 

一度美肌菌を失ってしまうと、元に戻るのに時間がかかるため、産毛が気になる人は多いと思いますが、使用頻度を減らすことが重要です。

 

腸内環境がポイント

腸内環境を改善すると肌の水分量が上がって、肌荒れが減ります。

美肌菌にとって住みやすい環境となります。

 

美肌菌のための食材

ヨーグルトがおすすめです。

プルーンやイチジクなどのドライフルーツを入れるとおすすめです。

 

正しい洗顔のやり方

①髪を上げる。

 

②設定温度を35℃にする。

 

③ぬるま湯で顔を濡らす。

 

④洗顔料を3回プッシュする。

 

⑤皮脂の多い部分に泡をつける。

 

⑥指の腹でやさしく洗う。

 

⑦すすぎは顔のパーツごとに顔を傾けてすすぐ。

15回程度はすすぐことになる。

 

⑧タオルでやさしく水分を吸い取る。

 

冷水で肌を引き締める行為は、水分を蒸発させることが分かっておりNGです。

また、タオルでゴシゴシこするのは、美肌菌を取り除いてしまうのでNGです。

 

アスタキサンチンを多く含む食材

肌にダメージを与える活性酸素を取り除いてくれる、抗酸化物質にアスタキサンチンがあります。

鮭にはアスタキサンチンが多く含まれています。

鮭を食べることでアスタキサンチンを効率よく摂取できます。

 

肌のくすみをケアするパック

ヨーグルトでパックするのがおすすめです。

肌の新陳代謝を促して、ターンオーバーの周期を整えて、きれいな肌を保てるようになります。

ただし、アレルギーや肌に合わない方もいるので、目立たないところでテストしてから行ってください。

 

やり方

①軽くぬるま湯で洗顔する。

 

②顔全体に無糖ヨーグルトを塗る。

 

③3~5分置く。

 

④綺麗に洗い流す。

 

週に3回程度、2週間行うのがおすすめです。