坊勢サバの刺身が絶品 妻鹿漁港のとれとれ市場で食べてきた 兵庫県姫路市

兵庫県姫路市の播磨灘の名産の1つに坊勢鯖というブランド鯖があります。

生けすで泳いでいた坊勢サバをその場でさばいて食べさせてくれる、とれとれ市場に行ってきましたのでレビューします。

 

妻鹿漁港のとれとれ市場

兵庫県姫路市の妻鹿漁港には天晴水産ととれとれ市場があり、今回はとれとれ市場に行ってきました。

 

JF坊勢が営んでいるお店で、新鮮な播磨灘の魚介類がいただけます。

坊勢というと坊勢島で坊勢がにを使った酔っ払いガニが松本家の休日でも紹介されましたし、普通の坊勢がには青空レストランでも紹介されるほどの、魚介類が美味しい場所です。

坊勢島に行くにはフェリー代が結構いいお値段するので、とれとれ市場で食べるのがおすすめです。

 

坊勢サバを捌いてもらう

今回はとれとれ市場で坊勢鯖のお刺身を食べるために行ってきました。

鯖の刺身というとアニサキスが怖いイメージがありますが、新鮮でうまく捌いてくれるので、今のところアニサキスには当たっていません。

 

坊勢さばは生けすで泳いでおり、店員さんに横の食堂で食べたい旨を伝えることで、たもですくって捌いて血抜きをしてくれます。

重さで料金が変わり、100gで300円だった気がしますが、写真を見ると350円っぽく見える。。。

とりあえず、今回は1匹で2200円でした。

 

聞くところによると、隣の天晴水産のほうが安いらしいですが、とれとれ市場の注文方法で慣れたので、今回もこちらにしました。

 

おじさんが〆てくれて、お姉さんが捌いてくれます。

隣で食べたい旨を伝えると番号札をもらえるので、食堂で待ちます。

 

食堂でご飯を買う

坊勢さば単品だけでいい人もいると思いますが、私たちはごはんと一緒に食べたいので、ご飯を食堂で買います。

海鮮丼や鯖御膳などもありますが、やっぱりその場でさばいてくれたほうが美味しいです。

ちなみにご飯大が250円、中が200円、小が150円、お味噌汁が100円です。

前は海鮮丼を食べましたが、そちらもかなり美味しいですよ。

坊勢さばも入っていますしね。

 

坊勢さばの刺身

日によって待ち時間が違いますが、今回はごはんの列に並んでいるときに呼ばれました。

この綺麗な身、たまりませんよ。

 

上側が背側でさっぱりとしており、手前側が腹側で脂がのったトロのような味わいです。

歯ごたえがあって、かなりもっちりコリコリした食感です。

一応アニサキスが怖いので、刺身を透かしながらよく噛んで食べましたが、噛めば噛むほどサバの旨味が広がります。

私はスーパーで買ったハマチやブリの刺身は生臭くて、吐きそうになるほど青魚の臭いは苦手なのですが、捌きたての坊勢さばは臭みがなくて本当においしいです。

 

2人で1匹余裕で食べきれます。

 

他のメニュー

以前、海鮮丼のほかにも鯛のあらを炊いた煮物も頼みましたが、確かにおいしいです。

ただ、メインのメニュー以外は作り置き感があるので、できたてがいい人は注文したほうがいいですよ。