レビュー

Intel 7260 無線LANカードをAcer Aspire 5740に取り付け マスキングをしてドライバを入れればwifiもBluetoothも両方動いた

2010年に発売されたAcerのAspire 5740 AS5740-15をいまだにサブとして使用しています。しかし、wifiが壊れてしまったようで、認識はしているのですがほとんどつながらなくなってしまいました。Amazonでインテルの無線LANカードを買って、取り付けてみましたので紹介します。

 

Acer Aspire 5740 AS5740-15

LG gramをメインに使っており、いまだに9年も前のPC使ってるんかいと思うかもしれないですが、Aspire 5740 AS5740-15はCorei5の初期モデルを搭載しており、重い作業をしなければ、安いネットブックよりサクサク動いてくれます。

 

さらにはメモリは4GBから増設していないですが、HDDをSSDに入れ替えており、ブラウザで調べものする程度ならサクサクで動いてくれます。

 

しかし、やはり9年も前のPCなので、無線LANカードが死んでしまいました。

デバイスマネージャで見る限り認識はしていますが、通信がくっそほど遅くなって、ブラウザをまともに動かせない状態です。

最初はPC本体が死んだのかと思いました。

 

Intel 7260 無線LANカードを購入

Amazonでよさそうだったインテルの無線LANカードを購入しました。

お値段2019年3月2日時点で2198円です。

11acにも対応しています。

 

Intel 7260 無線LANカードに交換

こちらが届いた無線LANカードです。

LANカードの他にもネジが4本ついていました。

結局使いませんでしたが。

 

裏面はこんなパッケージです。

 

Bluetoothを認識させるためにマスキング

中身を取り出すとこんな感じです。

ただし、このままだとBluetoothを認識しないようで、一番右のpinにセロテープでマスキングしています。

一番端っこなので簡単です。

 

Acer Aspire 5740に装着

裏面の4つのねじを外します。

 

こちらが元からついていた無線LANカードです。

ネジ1本と2本のコードを引っこ抜きます。

 

同じ手順で戻します。

まだネジを挿してないですが、ちゃんと取り付けています。

 

ドライバをインストール

Windows7用のwifiドライバをインストールします。

ダウンロード インテル® PROSet/Wireless ソフトウェアとドライバーの Windows 7 *

 

Windows7用のBluetoothドライバをインストールします。

ダウンロード インテル®ワイヤレス Bluetooth®用ウィンドウズ 7 *

 

Acer Aspire 5740は64bitなので、64bit版のドライバをインストールしました。

普通にインストーラーがついているので、普通のアプリと同じようにインストールするだけです。

たったこれだけで、認識完了です。

 

デバイスマネージャーからも867Mbpsで認識されています。

速度測定もしましたが、きちんとスピードが出ており、ネットもサクサクになりました。

 

まとめ

Acer Aspire 5740の無線LANカードを交換しました。

お値段2198円で最新の無線LANになりました。

交換の難易度も、裏蓋を外してネジ1本で留まっているだけなので、メモリ交換に少し毛が生えた程度です。

ただし、Bluetoothを認識させるには、セロテープでマスキングをする必要があるので、その点だけ要注意です。

Corei5でSSDなので現役でまだまだ働けるPCになりました。

無線LANカードの調子が悪い方は、ぜひ交換してみてください。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です