ダイエット

あべこべ体操(主治医が見つかる診療所で紹介)のやり方 背中握手ができるようになる・体が柔らかくなるストレッチ

主治医が見つかる診療所を見ていたら、背中握手ができるようになるストレッチとして、あべこべ体操をやっていたので覚書です。

 

背中握手は体の柔らかさの証

背中握手ができることは、身体の柔らかの証で、身体の柔らかさは血管の柔らかさと相関関係があり、背中握手ができない人は血管も硬くなっている可能性があります。

背中握手をするために、あべこべ体操を教えてくれました。

 

あべこべ体操

アメリカの医療現場のリハビリで使われる体操です。

 

丸めて反らす:基本

①椅子に浅く座り、両手を頭の後ろで組む。

 

②おへそが前に行くときに、頭を上に肘を開く。

 

③おへそが後ろで頭を前に倒し、肘を寄せる。

 

呼吸を行いながら繰り返します。

これが基本動作です。

 

丸めて反らす:あべこべ

①椅子に浅く座り、手を頭の後ろに手を持ってくる。

 

②おへそが前で胸を広げる、頭を下げて肘を寄せる。

 

③おへそが後ろで猫背になって、頭を上げて肘は開く。

 

呼吸を止めずに繰り返します。

これがあべこべの動きです。

 

ニョロニョロ:基本動作

①立った状態で、胸の前で合掌する。

 

②左右にニョロニョロと動かして、手を上に上げる。

 

③手が上でピーンと伸びたら3秒キープして、最後にストンと力を抜く。

 

3回繰り返す。

 

ニョロニョロ:あべこべ

①立った状態で、胸の前で合掌する。

 

②左右にニョロニョロと動かして、手を上に上げ、同時にお尻を下に下げる。

 

③手が上でピント伸ばして3秒キープして、最後に膝を伸ばしてピンと伸びあがる。

 

3回繰り返す。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です