レシピ

冷めても美味しい鶏の唐揚げ(にじいろジーンで水島弘史が紹介)のレシピ 低温調理

にじいろジーンを見ていたら、低温調理で有名な水島弘史シェフが、冷めても美味しい鶏の唐揚げの作り方をやっていたので覚書です。

 

冷めても美味しい鶏の唐揚げのレシピ

 

材料(2人分)

鶏もも肉 200g

0.8%の塩水 1リットル

 

【A】

溶き卵 15g

片栗粉 15g

しょうゆ 15g

日本酒 8g

おろし生姜 10g

おろしにんにく 4g

塩 1g

こしょう 5回転

砂糖 4g

 

揚げ油 適量

打ち粉用片栗粉 適量

 

作り方

①まずは鶏の臭みを取ります。

フライパンに水1リットルに対して塩8gを加えた塩水を作る。

 

②鶏もも肉を一口大に切り、①に入れる。

 

③中火よりやや弱い火で45℃くらいまでゆっくりと加熱する。

 

④③の鶏肉をボウルに入れて【A】と合わせる。

 

⑤フライパンに油を1cmほど入れて、火をつける前に④の鶏肉を並べる。

さらに上から油を注いで鶏肉が浸るようにする。

 

⑥弱火にかけてぷくぷくと泡が出てきたら90~100℃の合図なので火を止める。

少し待って再び火にかけて、またぷくぷくと泡が出てきたら火を止める。

これを12分繰り返す。

急激に温度を上げると水分が抜けてしまうので、じっくりと火を通すことが重要。

 

⑦唐揚げを取り出して、油を170℃に温める。

 

⑧170℃の油で50秒ほど2度揚げしたら完成!!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です