長友佑都の10歳若返る食事術(金スマで紹介)長友佑都のファットアダプト食事法のやり方

中居正広さんがMCの金スマを見ていたら、長友佑都が教える10歳若返る食事術をやっていたので覚書です。

 

長友佑都の食事革命

長友佑都さんは誰もが知っている日本代表のサッカー選手です。

そんな長友選手も30歳目前で、ケガによって思うようなパフォーマンスが発揮できなくなっていました。

そこで取り組んだのが食事を別のスタイルに変える、食事革命を始められました。

なんと、2~3か月で胃腸の不具合が改善し、花粉症も軽減されたそうです。

 

 

1か月で体が10歳若返る食事術

長友流食事術を実践すれば、細胞レベルで体が若返ります。

肌荒れ、冷え性改善、疲労回復におすすめで、ポイントは大きく分けて3つあります。

 

  1. 良質な油で細胞が若返る。
  2. たっぷりのタンパク質で筋肉が若返る。
  3. 老化の原因糖質をコントロール

 

良質な油で細胞が若返る

細胞を若返らせるのに油がポイントです。

長友選手は野菜などにもオリーブオイルをかけていました。

 

細胞の膜は油で出来ており、良質な油を摂取することで、細胞の膜が新陳代謝し、フレッシュな良い膜を作ることができるという考え方です。

 

酸化した油は体に良くないので、揚げ油は1回で使い切るようにします。

また、揚げた後もどんどん酸化が始まるので、揚げ物はすぐに食べるのがおすすめです。

 

チーム長友がおすすめしている油は、オリーブ油、えごま油、アマニ油です。

特にえごま油とアマニ油はオメガ3脂肪酸で、体にとてもいいです。

 

アボカド鯖ソテーのレシピ

 

材料

アボカド

レモン

オリーブオイル

サバ

生のり

生クリーム

 

作り方

①アボカド、レモン汁、オリーブオイルをミキサーで撹拌し、ペースト状にする。

 

②サバを焼く。

 

③お皿に①のソースを敷いて、②をのせる。

 

④生のりを加えた生クリームをかけて完成!!

 

たっぷりのタンパク質で筋肉が若返る

私たちの体はタンパク質で構成されています。

タンパク質をしっかりと食べることで、体を維持することができます。

タンパク質が足りないと筋肉を合成することができなくなります。

 

肉、魚、卵、乳製品、大豆これらの5大タンパク質はカロリーを気にせずたっぷり食べるようにします。

ダイエットでカロリー制限をするとたんぱく質が足りないと筋肉が落ち、代謝が下がるので太りやすい体質になってしまいます。

 

50kgの人で50g~75gのタンパク質が必要だそうです。

牛肉に換算すると250g程度です。

 

たんぱく質スープのレシピ

 

材料

鶏もも肉(皮付き)

オリーブオイル

カレー粉

玉ねぎ

レンズ豆

トマト

水切りヨーグルト

鶏がらスープ

 

作り方

①鶏もも肉をオリーブオイルとカレー粉で炒める。

 

②玉ねぎを加えてしんなりとするまで炒める。

 

③水戻しする前のレンズ豆を加える。

 

④トマトを加えてじっくり煮詰める。

 

⑤水切りヨーグルトを加える。

 

⑥鶏がらスープなどを加えてミキサーで撹拌すれば完成!!

 

老化の原因の糖質のコントロール

糖質を摂りすぎると老化の原因となります。

糖質を摂取して急激に血糖値が上がると、老化現象につながる糖化反応を起こします。

必要以上の糖質は細胞を劣化させ、体の焦げとなり、シミやシワの原因となります。

 

しかし、完全カットは長友選手はパワーを感じられない状況になったそうです。

小ぶりの茶碗に半分程度、8枚切りのパン1枚、スパゲッティ3分の1束程度です。

 

せっかく良質な油やたんぱく質を摂っても、糖質が多いとそれらが無駄になるくらい、糖質の摂りすぎはよくありません。

根菜やかまぼこにも糖質は多いので注意です。

 

高野豆腐を粉末にしたものを小麦粉の代わりに使うと、上手に糖質オフができます。

唐揚げの衣にすると遜色ない味わいになります。