レシピ

レムナントコレステロール(たけしの家庭の医学で紹介)隠れ悪玉を減らしてLPLを増やす方法

たけしの家庭の医学を見ていたら、隠れ悪玉のレムナントコレステロールををやっていたので覚書です。

 

レムナントコレステロールとは?

レムナントコレステロールとは、隠れ悪玉コレステロールと呼ばれる、今までの健康診断ではわからなかったコレステロールです。

今までは悪玉コレステロールさえ気をつけておけば、動脈硬化などの脂質代謝異常による病気を防げると思われてきましたが、悪玉コレステロールだけでなく、レムナントコレステロールも重要であることが分かってきました。

 

悪玉コレステロールが基準値以内だったとしても、レムナントコレステロールが基準値を超えている人がいます。

 

レムナントコレステロールが増えてしまう理由

レムナントコレステロールが増える理由は、中性脂肪の摂りすぎです。

普段中性脂肪を使い切れればいいのですが、使いきれないほど摂ってしまうと、内臓脂肪として蓄えられてしまいます。

内臓脂肪が増えると肝臓の脂肪も増え、レムナントコレステロールが増えてしまいます。

 

また、食後の甘いものが隠れ悪玉コレステロールのレムナントコレステロールを増やしてしまいます。

糖分は肝臓に蓄えられるのですが、食後に甘いものを食べると肝臓に栄養が行き過ぎてしまい中性脂肪が増えてしまいます。

増えすぎた中性脂肪とコレステロールが血中に漂って、使われないことでレムナントコレステロールとなってしまうと考えられています。

 

レムナントコレステロールを減らす「LPLを増やす方法」

脂肪を分解する酵素であるLPLを増やすことが重要です。

LPLは筋肉で作られるので、年齢とともに筋肉が衰えるとLPLが減ってしまいます。

 

LPLを増やすには筋肉をつけるのではなく、使うことが重要です。

必死に筋トレをする必要はなく、階段を一階分だけ歩くようにすることでLPLを増やすことが期待できます。

太ももの筋肉を使うことで、筋肉が衰えていてもLPLの分泌を期待できます。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です