シェーグレン症候群(たけしの家庭の医学で紹介)セカンドオピニオン

たけしの家庭の医学を見ていたら、セカンドオピニオンのコーナーで長引く疲れやすさの本当の原因をやっていたので覚書です。

 

長引く疲れやすさ

息子夫婦が帰った後、部屋の片づけをしていると体が重く感じる疲れを感じました。

最初は、張り切って孫と遊びすぎただけと思っていました。

5分ほど休むと症状は消えました。

 

しかし、この日を境に週に何度か疲れを感じるようになりました。

 

次の症状として動悸を感じるようになりました。

 

ファーストオピニオン「軽度の心機能低下による疲れやすさ」

ファーストオピニオンは心臓に何らかの異常が起こり、ポンプ機能低下が起こり、酸素や栄養を含んだ血液が滞り、全身のエネルギー不足から疲れを感じやすくなったと診断されました。

 

更なる症状

息切れを感じて足が動かなくなってしまいました。

1日中全身の疲れを感じて動けなくなってしまいました。

 

さらには目の疲れを感じるようになり、食欲もなくなってしまいました。

歯にも痛さを感じるようになりました。

 

名医の診断「シェーグレン症候群」

本来は体を守る免疫細胞が全身に攻撃を加え、様々な障害を引き起こす病の琴です。

全身の水分が乾く病で、涙腺や唾液が出にくくなります。

 

名医は料理の味付けが濃くなったと、ご主人の意見から気づきました。

加齢によって体の不調を自覚できないことを、第3者が気付いており、それを引き出すことでこの病を発見しました。