グルメ

アジア風蒸し鶏ご飯(栗原はるみさんがきょうの料理で紹介)のレシピ

きょうの料理の栗原はるみさんの料理を楽しみに見ていたら、カオマンガイや海南チキンライスともいわれるアジア風蒸し鶏ご飯の作り方をやっていたので覚書です。

 

アジア風蒸し鶏ご飯のレシピ

 

材料

鶏もも肉(骨付き) 2本(600g)

 

【A】

塩 小さじ1

こしょう 少々

紹興酒(または酒) 大さじ1

 

米 400ml(カップ2)

 

<ねぎだれ>

みりん カップ1/2

しょうゆ 大さじ3

酢 大さじ1

ねぎ(みじん切り) 大さじ3~4

赤唐辛子(小口切り) 適宜

 

<薄焼き卵>

卵 2個

サラダ油 適量

 

【B】

砂糖 大さじ1

酒 大さじ1/2

塩 少々

 

にんじんラペ 適量

れんこんソテー 適量

パクチー 適宜

バジル 適宜

柚子こしょう 適宜

塩 適量

 

作り方

①米は洗ってザルに上げ、約15分置いて水を切る。

 

②鶏肉は皮にフォークで数か所穴をあけ、裏返して骨に沿って深めの切り目を入り込みを入れる。

鶏肉に【A】を順にまぶす。

 

③鍋に水カップ2を入れて蒸し台を入れ、蓋をして強火にかける。

煮立ったら蒸し台の上に鶏肉をのせ、蓋をして弱めの中火で15~20分、鶏肉に火が通るまで蒸す。

蒸しあがったら、火を止めて蒸し台と鶏肉を取り出す。

 

④鍋に残った蒸し汁はアクがあればすくって、計量してカップ2と1/4にする。

足らなければ水を加え、味を見て塩を少々足す。

綺麗に洗った鍋に入れる。

 

⑤④の鍋に①の米を加えて蓋をして強火にかける。

煮たったら弱火にして10~12分炊き、火を止めてそのまま約10分置いて蒸らす。

 

⑥ねぎだれを作る。

小鍋にみりんを入れて煮立たせ、弱火にして半量になるまで煮詰める。

火を止めてしょうゆ、酢を加える。

冷めたらねぎ、赤唐辛子を加える。

 

⑦薄焼き卵を作る。

ぼうるに卵を割りほぐし【B】を加えてよく混ぜる。

フライパンにサラダ油を少々加えて熱し、卵液の半量を流し入れ、あまり焼き色を付けないように両面焼く。

もう1枚も同様に焼いて、粗熱を取って半分に切って細切りにする。

 

⑧鶏肉は骨から外して1㎝幅に切る。

炊き上がったごはんをざっくりと混ぜ鶏肉をのせる。

 

⑩薄焼き卵、にんじんラペ、れんこんソテーをのせる。

お好みでパクチー、バジル、ゆず胡椒を添え、ネギだれをかけて完成!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です