レシピ

長芋のレジスタントスターチで便秘改善(ガッテンで紹介)のレシピ

ガッテンを見ていたら、レジスタントスターチで便秘改善のやり方をやっていたので覚書です。

 

便秘改善にレジスタントスターチ

第一自然便秘薬の食物繊維には2種類があり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。

これらはそれぞれ別々の働きをして、不溶性食物繊維は便のかさを増やしてくれ、水溶性食物繊維はその便を出しやすくしてくれます。

 

レジスタントスターチは、この2種類の食物繊維の働きを1つで2役してくれます。

バランスを考えなくても大丈夫なのです。

 

長芋の食べ方にポイント

レジスタントスターチは、長芋がいいのですが、長芋を生で食べるのがポイントです。

加熱した長芋は加熱したサツマイモよりレジスタントスターチが少ないですが、生で食べた場合、100g中5.8gも含まれています。

 

レジスタントスターチとは、冷えたご飯にも含まれるように、加熱しないことが重要です。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です