太もも伸ばし体操(たけしの家庭の医学で紹介)太ももが原因の腰痛の改善法

ビートたけしさんが出ている、たけしの家庭の医学を見ていたら、太もも伸ばし体操のやり方をやっていたので覚書です。

 

太ももが原因の腰痛

お尻キック検査で、かかとがお尻に当たらなかった人は、太ももの筋肉が硬くなっています。

太ももの筋肉が硬くなっていると、太ももの筋肉が骨盤を引っ張ってしまい、骨盤が前に傾きます。

骨盤が前に傾くと、骨盤とつながる腰の骨も前に倒れるので、腰痛につながります。

 

太もものが原因の腰痛を改善するには、太ももの筋肉を伸ばしてあげます。

太もも伸ばし体操を教えてくれました。

 

太もも伸ばし体操

 

やり方

①横向きに寝る。

 

②手で足をつかみ、かかとをなるべくお尻に近づけた状態で、太ももを後ろに振る。

硬くなった筋肉を少しずつほぐすようにする。

 

③左右10回ずつで1セット、1日3セット行う。