ハワイ旅行㉛ ププケアビーチパーク・シャークスコーブに行ってきたのでレビュー・駐車場 シュノーケリングの穴場

前回、ハレイワへ向う道中にエフカイビーチパークに寄ったことを紹介しましたが、その後、ププケアビーチパークのシャークスコーブに寄ったのでレビューします。

 

カメハメハ・ハイウェイの渋滞

エフカイビーチパークを出発して、カメハメハ・ハイウェイを西へ向かって走り始めると、Googleマップのナビが渋滞を示していました。

片側1車線で、抜け道もなさそうなので、そのまま渋滞にはまる羽目に。

事故渋滞ではないようなので、トロトロ動きます。

そうして進んでいる途中で、駐車場にたくさん車が止まっているスポットを発見しました。

 

ププケアビーチパークのシャークスコーブ

最初通り過ぎてしまったので、フードランド・ププケアというスーパーで転回させてもらい、戻って駐車場に止めました。

 

駐車場の写真を撮り忘れたので、Googleストリートビューですが、道の海側にずらっと縦列駐車されています。

 

駐車場から、道側を見たらこんな感じです。

 

なんというところかわからずによりましたが、ププケアビーチパークというところでした。

 

シュノーケリングスポット

駐車場から見下ろすと、岩場ですがたくさんの人がシュノーケリングを楽しんでいました。

 

下に降りるとこんな感じです。

ビーチーシューズがないと厳しいですね。

 

潮だまりみたいになっているので、小さい子供も大人がついていれば大丈夫そうです。

ププケアビーチパークの看板の写真のところに、公衆トイレとシャワーがあったので、着替えることもできそうなので、シュノーケリングに来ても大丈夫です。

 

普通の人は夜中に泳ぎに来ることはないと思いますが、夜の10時から朝の5時までは閉まるようです。

 

まとめ

ププケアビーチパークに寄り道したことを紹介しました。

ププケアビーチパークは岩場でゴツゴツしていましたが、その分魚の隠れるところがあるので、シュノーケルをしている人が多かったです。

近くにはスーパーもあるし、駐車場もあるので混雑しないところで遊びたいのなら、穴場かもしれません。

ただし、岩場なのでビーチシューズは必須です。

こういう発見をしながらレンタカー旅を楽しみました。

軽く寄っただけなので、写真が少なく申し訳ないですが、もし穴場のビーチを探されている人がいれば、参考にしてください。

 

この旅はエアトリ(旧DeNAトラベル)のツアーでエアアジアで行き、5泊7日が1人6万円台で空港利用料など合わせても7万円台に収まった旅行でした。

普通に旅行すれば交通費とホテル代だけで2~3倍かかるので、その分オプショナルツアーや食事・買い物などにあてることができましたし、レンタカーを借りていつもとは違うたびができました。

ハワイ旅行を考えている人はバナーから行けるのでどうぞ。

 

 

また、オプショナルツアーはベルトラが安くておすすめでした。

今回はレンタカーでノースショアを巡りましたが、オプショナルツアーにもノースショアはありますので、運転するのはちょっとという方は是非ご覧ください。

よくレビューを書けば無料キャンペーンをやっていたりするので、さらにお得に行けることもありますよ。

VELTRA