GoPro8のスペック HyperSmooth2.0とTimeWarp2.0などがリークされたパッケージ画像から判明したので紹介

2019年10月1日に発表されると思われるGoPro HERO8 BLACKとGoPro MAXですが、パッケージ画像がリークされており、スペックがある程度わかったので紹介します。

 

GoPro HERO8 BLACKのパッケージリーク

出典:GoPro 8 & GoPro 360 Max release date, specs and price

 

GoPro HERO8 BLACKのパッケージがリークされました。

単純にGoPro HERO8かと思ったら、7の時のようにBLACKと名前がつくようです。

SilverやWhiteもあるのでしょうか。

 

出典:GoPro 8 & GoPro 360 Max release date, specs and price

 

そしてこちらがサイドのパッケージでスペック情報が載っております。

 

スペック

センサー:12MP

動画・フレームレート:4K60/1080p240

スローモーション:8倍

手振れ補正:HyperSmooth2.0

タイムラプス:TimeWarp2.0

動画配信:1080pでのLivestreaming

連写:LiveBurst

写真:Superphoto+HDR

保存形式:RAW

 

さらに写真が切れていますが、本体に直接マウント。

音声操作、タッチパネルが読み取れます。

 

HyperSmoothはGoPro HERO7 BLACKでも使っており、ジンバル不要の謳い文句の通り、かなりブレを抑えてくれます。

クリップマウントでかばんに取り付けて歩いても、ジンバルには劣るものの、かなりみられる映像になります。

GoPro7を買うきっかけとなったHyperSmoothが進化して、HyperSmooth2.0になり、さらにブレ補正がすごくなったなら、購買意欲がそそられます。

願わくば水平補正が取れるようになると完璧なのですがね。

 

さらにTimeWarpまで進化してTimeWarp2.0となっています。

TimeWarpは長距離移動の際にとても使い勝手のいいモードで、遠出をする際には車に取り付けて使っています。

HyperSmoothとTimeWarpだけでもGoProを選ぶ価値になりえるので、それが進化すればどうなのか期待ができます。

 

また、一部で4K120という噂もありましたが、それは実現されなかったようです。

暗所についても期待しているのですが、パッケージには何も謳われていませんね。

USJのホラーナイトでGoPro7で撮影したところ、色味がおかしく暗いので、この辺りが改善されるとかなりうれしいのですが。

 

GoPro HERO7 BLACKとの違い

今のところGoPro7からGoPro8へと買い換えたい機能としては、HyperSmooth2.0とTimeWarp2.0と本体への直接マウントですね。

特にHyperSmooth2.0の進化が劇的だと、GoPro8かなり売れそうです。

 

あとは起動レスポンスとタッチパネルのレスポンスがどれだけ上がったのかと、4K60で撮影したときの安定性がよくなると、かなりいいアクションカメラとなりそうです。

ただし、画像で見る限りですが、レンズカバーが本体と一体型になっているように見えるので、レンズが傷ついたときに変えられない可能性も。。。

 

出典:GoPro 8 & GoPro 360 Max release date, specs and price

 

ちなみに背面のパッケージもリークされています。

 

まとめ

GoPro HERO8 BLACKのパッケージがリークされたので紹介しました。

超広角で撮れて手振れ補正の効くGoProにはかなり期待しており、GoPro8の発売も待ち遠しいのですが、期待していた暗所性能には触れられていなかったので、そこがどれだけ改善されているのか気になりますね。