血糖値にブルーベリー(たけしの家庭の医学で紹介)効果的な食べ方 アントシアニン 紫色の食べ物

たけしの家庭の医学を見ていたら、血糖値を改善する方法として、ブルーベリーがいいとやっていたので覚書です。

 

血糖値に紫色の食べ物

白い食べ物は糖質の割合が多く、血糖値を上げやすい食材です。

逆に血糖値を下げる効果があり、糖尿病などに効果があるのは紫色の食べ物です。

特に紫色の食べ物の中でも、アントシアニンを含む食材が、断トツに血糖値を上げにくくすることが判明しています。

 

ブルーベリーが糖尿病のリスクを下げる

2型糖尿病の発症リスクを下げる果物ランキングで、ブルーベリーは33%減少の1位です。

 

ブルーベリーの効果的な食べ方

ブルーベリーを食べるタイミングが重要です。

午前6時、午前10時、午後3時半と食事の2時間ほど前に食べると、食事のタイミングにアントシアニンの血中濃度が上がり、血糖値を上げない効果が期待できます。

 

アントシアニンはインスリンの働きを助けると考えられており、食事の1~3時間前にアントシアニンを摂取すると、食事の時にインスリンの働きが高まり、効率的に血糖値の上昇を抑えることができると考えられます。

 

ブルーベリージュース

ブルーベリー20粒ほどを約10分鍋でコトコト煮たドリンクです。

このブルーベリージュースを加えたスムージーがいいそうです。

 

冷凍ブルーベリー

凍らせたブルーベリーを20粒ほど食べるのがおすすめだそうです。