健康

太もも力こぶ運動(たけしの家庭の医学で紹介)ひざ痛を3日で改善するやり方

たけしの家庭の医学を見ていたら、ひざ痛を3日で改善する方法として、のやり方をやっていたので覚書です。

 

ひざ痛が出る人と出ない人の差

ひざ痛の原因として変形性膝関節症があり、ひざの軟骨がすり減ることで痛みを生じると考えられています。

しかし、同じようにひざの軟骨がすり減っている人でも、膝の痛みを感じる人と感じない人がいます。

 

これは同じ痛みでも人によって、ほとんど痛みを感じない人と、かなりの痛みを感じる人がいます。

この差は脊髄が原因であると考えられます。

 

脊髄の異常により、本来は痛みを感じるほどの無い刺激でも、脊髄で増幅されてすごい痛みとして感じてしまうのです。

 

脊髄の異常を改善する方法

筋肉トレーニングをすることで改善を期待できます。

ひざの痛みを感じる神経と、大腿四頭筋などの筋肉の刺激は同じところを通るので、筋肉を鍛えることで、痛みとは違う信号も神経を通るので、痛みを中和するして、痛みを軽減する効果が期待できます。

 

太もも力こぶ運動

お風呂で行うこの運動で太ももの筋肉を鍛えます。

 

やり方

①浴槽の背もたれにもたれかかる。

 

②反対側の壁に両足をぴったりとつける。

足が届かない人は背中に桶などを挟んで調整する。

 

③両方の足に力を込めて壁を押す。

 

④5秒押したら緩める。

 

20回ほど繰り返す。

太ももに力こぶを作るイメージで行うと効果的です。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です