ひざ裏のばし(金スマで紹介)のやり方 5秒ひざ裏伸ばしをやってみたのでレビュー

現在、絶賛ダイエット中の私ですが、右ひざを痛めてしまい、走ることができていません。また慢性の肩こりと腰痛があるのですが、中居正広さんが出演している金曜日のスマイルたちへでは、奇跡のストレッチとして、5秒膝裏伸ばしをやっていたので挑戦してみました。

 

右ひざと腰が痛い

健康のためにダイエットをしようと思い、舞茸味噌汁ダイエットと月額のジムに通って2か月半ほど経ちます。

毎日、5㎞前後走るようにして、現在12kgほど体重が落ちました。

 

ところが、徐々にスタミナがついてきて、ペースを上げて走るようにしていたところ、右ひざを故障してしまいました。

健康になるために走ったはずが、不健康になるとは本末転倒です。

右ひざをかばっていると左ひざも少し痛み出して、さらには腰まで痛くなってきました。

 

ひざ裏を伸ばすと体の不調が治る

肩こりや腰痛、股関節痛はひざ裏がポイントだそう。

腰痛の原因は、腰の可動域が狭くなることで、前屈するとひざ裏やもも裏がひっぱられて腰に痛みを生じてしまいます。

5秒ひざ裏のばしの効果は、こちらの本でも紹介されています。

 

人の基盤は足であり、ひざ裏は骨盤とつながっています。

ひざ裏を伸ばして柔軟性を上げることで、腰痛を改善し、さらには肩こりや関節痛などにも効果が見込めます。

 

私が現在痛いのはひざのお皿の下あたりですが、筋トレも行っているのにストレッチをしっかりと行っていなかったので、体がかたくなっているのを実感していました。

ひざ裏を伸ばして姿勢が改善されることで、現在のひざ痛にも効果があるのではと思って体験してみました。

 

ひざ裏のかたさチェック

①ひざを伸ばして座ります。

 

ひざと床が2㎝以下なら膝裏は柔らかいですが、5cm以上開いてしまうと膝裏がかたくなっています。

 

私は5cm近く開いてしまっていました。

 

壁ドンストレッチ

①壁の前に立ち、肩の高さに両手をつき足を前後に開きます。

膝が曲がらないように、かかとは浮かさないようにします。

 

②お腹とおしりに力を入れ、息を少しずつ吐きながら壁を5回押します。

 

③両腕・背中・ひざ裏をばしながら腰を内側に入れます。

かかとで床を強く踏みしめて5秒キープします。

 

④5秒で息を全部吐ききってください。

 

壁ピタドローイン

①つま先を90度に開いて立ち、ひざをピタッとつけます。

 

②壁に手のひら、かかと、腰、背中、後頭部をつけて息を吐きます。

 

③息を吸いながら手のひらを返して体に小指をつけ、お腹を凹ませて5秒キープします。

 

ワン・ツー・スリー体操

①つま先を外側にして両足を大きく広げて、深く息を吸い込みのびます。

 

②状態はまっすぐにしたままゆっくりと腰を下げて息を吐ききります。

「ワン・ツー・スリー」と言いながらももを3回たたきます。

 

③大きく息を吸いながら立ちます。

「ワン・ツー・スリー」と言いながらお尻を3回たたきます。

 

ひざ裏のばしをやってみた感想

特に壁ドンストレッチが良く膝裏が伸びてくれます。

ひざ裏が伸びることで体が真っすぐに立てるように感じます。

これはひざへの負担も抑えられそうです。

数日続けてみて様子を見てみたいと思います。