鎖骨ほぐし(ヒルナンデスで紹介)のやり方 肩こり改善

ヒルナンデスを見ていたら、今話題の肩こり改善体操として、「肩こり、首痛、頭痛は鎖骨を5秒ほぐすだけでなくなる」の著者の吉田一也さんが、鎖骨ほぐしのやり方をやっていたので覚書です。

 

鎖骨ほぐしとは?

鎖骨とは胸と腕をつなぐ唯一の骨です。

この鎖骨には5つの筋肉がひっついており、この筋肉をほぐすことが重要です。

 

  • 胸鎖乳突筋
  • 僧帽筋上部線維
  • 大胸筋鎖骨部
  • 鎖骨下筋
  • 三角筋前部線維

これらがその5つの筋肉です。

 

鎖骨まわりを上手に動かすだけで、 肩甲骨、上腕骨を動かすより簡単に 肩・首の筋肉が柔らかくなってほぐれます。

肩や首の筋肉が柔らかくなってほぐれることで、肩こり・首痛、そして頭痛の軽減が期待できます。

 

鎖骨の重要性

鎖骨を固定してしまうと、肩が上がらなくなります。

鎖骨を自由に動かせない人は、肩が固定されてしまい、肩こりになったり痛みを生じるようになってしまいます。

 

鎖骨ほぐしのポイント

鎖骨ほぐしのポイントは「皮膚を引っ張る」ことです。

皮膚を引っ張ることで皮膚が柔らかくなり、そして筋肉が柔らかくなります。

すると鎖骨が自由に動くようになるというものです。

 

鎖骨周りの筋肉が固い人は皮膚も固くなっており、筋肉をゴリゴリするのではなく、皮膚を柔らかくしてあげるようにするのがポイントです。

 

肩こりチェック

肩こりなのに肩こりと気づいていない人のチェック法です。

  • 首は動かしにくくないか?
  • 肩を回してゴリゴリ鳴るか?
  • 背中で両手を組めるか?
  • 猫背で頭が前に出ていないか?
  • 全身の柔軟性はあるか?

 

鎖骨ほぐしのやり方

①まずは鎖骨周辺をさする。

 

②鎖骨周辺の皮膚をつまむ。

徐々に上に位置をずらす。

鎖骨の下あたりは猫背改善にも効果があります。

 

③のどあたりの皮膚をつまみながら上を向く。

 

④肩あたりの皮膚をつまみながら、頭を反対方向に倒す。

 

⑤胸のあたりの皮膚をつまみながら、胸を張り腕を後ろへ。

 

鎖骨ほぐしの動画

吉田一也さんの鎖骨ほぐしの動画もあります。

www.youtube.com

www.youtube.com