赤い甘酒で高血圧が改善するらしい 紅麹のGABAがポイント 名医のTHE太鼓判

高血圧気味で最近ダイエットをしているのですが、今日、名医のTHE太鼓判を観ていると、白くない甘酒で高血圧が改善できるとやっていました。

 

赤い甘酒で高血圧改善できる?

最近、健康診断で血圧が142あり高血圧になっているといわれたので、運動とまいたけを食べることで、血圧はなんとか正常値の125前後に収めることができています。

しかし、毎日筋トレと有酸素運動でジョギングをするのは結構しんどくて、楽な方法があればと思っていたら、紅麹を使った赤い甘酒で血圧改善が期待できるそうです。

 

紅麹のGABAがポイント

普通の甘酒は仕事上作る機会がとても多く、自分でも普通の人よりはうまく甘酒を作る自信があり、自宅でもよく普通の甘酒を作っています。

甘酒で血圧改善できるのなら、普通の甘酒を作って飲めばいいと思っていたら、普通の甘酒ではなく、紅麹という赤い麹を使って作るのがポイントだそうです。

 

紅麹は沖縄の豆腐ようを作る時に使用する麹で、普通の甘酒を作る時の黄麹とは種類が違いました。

 

赤い甘酒の作り方

番組で紹介されたのは、お米をお粥状にして、保存容器に紅麹と一緒に入れて60℃に保温するというものでした。

 

私がいつも作っている甘酒の作り方は、麹1に対して60℃のお湯を2の比率で、麹のみで作っている作り方ですが、お米を使った方法なら、麹の量が少なくて済むのでいいですね。

どちらにしろ糖化工程は60℃で保つのが重要ですね。

 

赤い甘酒はお取り寄せできた

紅麹がどこかに売っていないかと思いましたが、なかなかネットでは乾燥麹では売られていませんね。

しかし、赤い甘酒の商品なら見つけることができました。

 

赤い甘酒で血圧改善試してみたい

もやし屋さんに紅麹のもやしがないか聞いてみて、紅麹を作って赤い甘酒ができないか試してみたいです。

黄麹を育てる方法は知っているので、大体同じ造り方でいけるのではないかと思います。

もし、紅麹の種菌を手に入れた方はやってみてください。

とりあえずサプリメントでも飲んでみようかと思います。