ドイツのスーパー「EDEKA(エデカ)」は営業時間が長くておすすめ in ミュンヘン ドイツ旅行⑳

朝からミュンヘン市内を朝から散策していたのですが、ドイツの店は朝早く開いているところがほとんどなく、ブラブラしていただけでしたが、スーパーマーケットのEDEKAを発見したので入ってみました。

 

マリエン広場から東へ

マリエン広場の新市庁舎に登りたかったのですが、まだ開店していませんでした。

最新版の地球の歩き方に記載されている開店時間と異なっており、まだ1時間ほどあったので東へ向かうことにしました。

 

東へ向かうにしても開いているお店がないのがつらいところ。

 

それでもこんな看板がある公衆電話などを見ながら歩くのは楽しかったですけどね。

 

このあたりも外国っぽい感じがします。

 

ドイツのスーパーマーケット「EDEKA」

開いている店がないのでうろうろしていたのですが、オープンしているお店のEDEKAを発見しました。

後から調べてみると朝7時から夜10時までやっています。

夜11時までとはいきませんが、ドイツのセブンイレブン的な感じですかね。

 

雨が降っておりただ歩くのにも飽きてきていたのでさっそくお店に入ってみました。

 

お店の外観は日本の昔のスーパー的な感じです。

 

中に入ると内装は綺麗でしたし、陳列も丁寧でした。

 

生鮮食品も売られています。

 

思っていたよりも広くて、大型スーパーというほどではないですが、普段の生活を買うにはちょうどいいくらいの品揃えです。

ドイツのスーパーは紅茶の品揃えが良くて安いのでお土産にぴったりです。

別のスーパーですが私も買っています。

 

飲み物もそろっています。

 

ドイツの店員さんは仕事中に水分補給します。

バックヤードに戻ってからじゃなくていいんですね。

 

ドイツはヨーグルトも多いです。

朝食のビュッフェにも大量に置かれています。

おかげで旅の最中のお腹の調子はばっちりでした。

 

お菓子もそろっています。

ハワイに行ったときは、お土産と言えば定番のマカダミアナッツのチョコレートがありますが、ドイツってお土産何にする?って感じですが、スーパーのお菓子結構おすすめです。

 

チョコレートも多数あります。

 

同じメーカーで色々な味のバリエーションがあります。

 

お会計はIKEAのレジと同じ感じで、ベルトコンベアーに乗せてバーコードを読み取ってもらいます。

あと基本的にレジ袋はくれないので、日本から持って行った方がいいですよ。

 

チョコレートを買ってみた

Ritter SPORTのミルクチョコレートを買ってみました。

値段は1ユーロ程度だったと思います。

ミルクチョコにしたので思ったより甘かったですが、ドイツのチョコレート品質高くておいしいです。

別の日ですが、ドイツのスーパーのREWEでお土産用にチョコを買い込みました。

 

まとめ

ミュンヘンのマリエン広場の東側にあるスーパーマーケットEDEKAに行ってみました。

朝から行動して開いている店がない時は、EDEKAが朝7時から開いているのでおすすめです。また、夜も遅くまで開いているので夜食を買ったりするのにもいいですね。

海外のスーパーって安くて日本にはない製品がいっぱいなので、油断していると1時間くらい余裕で時間がつぶれてしまいます。

次回は、St. Luke's Church(聖ルカ教会)に行ったので紹介します。

 

 

海外旅行のオプショナルツアーはベルトラがおすすめです。

私が探した中では最安値が掲載されているので、オプショナルツアーを探している方は是非ご覧になってみてください。

 

VELTRA