アウアードゥルト(Auer Dult)にレンタカーで行ってきたので駐車場などのレビュー ミュンヘンの移動式遊園地と蚤の市 ドイツ旅行㉞

BMW博物館に行った後は、期間限定で開催されているドイツミュンヘンの蚤の市でのAuer Dult(アウアードゥルト)に行ってきました。駐車場には苦労しましたが、異国のお祭りという感じでかなり楽しめましたのでレビューします。

 

Auer Dult(アウアードゥルト)とは?

春、夏、秋の年に3回、9日間だけ開催される期間限定の蚤の市です。

2019年は春は4月27日~5月5日、夏は7月27日~8月4日、秋は10月19日~10月27日に開催されます。

メインは食器などの骨董市のようですが、移動式遊園地や食べ物の屋台も出店されており、食器などに興味がない方でも存分に楽しめる催しとなっています。

 

アクセスはマリエン広場の南東方面にあり、徒歩で25分程度です。

ミュンヘン中央駅から行くのなら、Uバーンを使えば最寄りまで行くことができます。

しかし、私たちはレンタカーで向かったので、車で行く方の参考になればと思います。

結論から言うと、駐車場にかなり苦労しました。

 

BMW博物館からアウアードゥルトへ

BMW博物館を後にして、アウアードゥルトへ向かいます。

10㎞ほどの距離ですが、市内なので車で約20分程度の距離です。

多少の混雑はあるものの、マリエン広場周辺を運転するよりは楽にたどり着けました。

 

アウアードゥルトの駐車場

一番気になっていたのがアウアードゥルトの駐車場です。

レンタカーで巡ると決めた時から駐車場問題はついて回るのですが、最初地図で調べた時にはアウアードゥルトの南側に駐車場があるとマークが出ていたので、それを頼りに向かいました。

 

左側の緑のテントみたいなのがアウアードゥルトの出店です。

 

アウアードゥルトの南側の交差点ですが駐車場らしきものは見つかりません。

 

仕方ないので西向きに曲がって、住宅街に入り路駐できるスペースを探しますが見当たりません。

ちょっと空いていたので駐車しようとしましたが、左ハンドルの縦列が慣れていなくて、道路が詰まってきたので断念。

左ハンドルに慣れていたら止められたかもしれませんが、ぶつけたらめんどうなので諦めました。

 

同じ道路に戻ってきてしまいました。

正面がアウアードゥルトの広場にある教会です。

仕方ないのでさらに南下してスペースを探しますが見当たりません。

 

あまりに会場から離れてしまったので、来た道を戻るために、Uターンがしにくそうだったので、一度右側の道路に入ってから回ろうと思ったら、両端に車が止まっていて狭いのに前からとめどなく車が来て一苦労。(Uターンの方が楽でした)

 

結局、会場から離れている場所にとめることになりました。

後から調べると1.2㎞もあり、徒歩で15分近くかかっていました。

結果論ですが、広い道を南下するよりも、もっと周辺の住宅の近くに路駐するか、マリエン広場側に行った方がよかったと思います。

日本ならコインパーキングがあるのにって感じました。

 

右側のテントがいっぱいのところがアウアードゥルトの会場です。

Google Mapのタイムラインで確認するとこんな感じでさまよっていました。

もう少しこのあたりで駐車スペースを探せばよかったです。

 

アウアードゥルト周辺のパーキングメーターの料金

結局ぐるぐる回って、こんな感じで駐車しました。

 

パーキングメーターの機械があるのでそちらでチケットを買います。

 

こんな感じの機械でした。

旅行して思うのが1ユーロ、2ユーロ硬貨の使いどころが多すぎる。

 

画面が見にくいですが、12分で0.20ユーロです。

1時間で1ユーロなので、何分いるのかわからないので、2時間分の2ユーロ支払っておきました。

 

車をとめたところから歩いてアウアードゥルトに向かっていると、レッカーに乗せられている車が。

 

www.youtube.com

気になったのでつるされている様子を動画に撮っておきました。笑

道路が封鎖されて車が通れないので、めちゃくちゃクラクション鳴らしまくっていました。

 

周辺は自転車禁止になっていました。

自転車に乗って通っていた兄ちゃんが、おじいさんに怒られていました。

日本では多分スルーされると思いますが、ドイツは注意します。

 

アウアードゥルトへ入場

アウアードゥルトの入口です。

 

お店が多すぎてどこから巡ればいいのか迷います。

とりあえず、会場に入ってみました。

 

お祭り感があってかなりいい感じです。

 

陶器市みたいなもんだと思っていたら、普通に服とか布製品も売っていました。

 

かばんも売っています。

 

お花の飾りなんかも。

 

文房具っぽいものまでありました。

レンズの暗いカメラだったので、ブレがひどいです。。

 

食べ物屋さんも結構あります。

 

ソーセージサンドを買う

朝食をがっつり食べ過ぎて、お腹がすかなくて昼食を食べていませんでしたので、ご飯を買うことにしました。

 

ソーセージの焼いたいい匂いがしてきたので、こちらで。

しかし、メニューを見てもさっぱりわかりません。

 

注文方法は、ソーセージとパンを指さして、サンドして的なジェスチャーで通じました。笑

別に言葉がわからなくても嫌な態度などは取られることもなく、ケチャップとマスタードは?みたいな感じでジェスチャーで返してくれました。

ちなみにドイツのケチャップは牛の乳しぼりみたいな感じで、この写真のように絞り出すスタイルです。

 

こちらがそのソーセージドッグ。

ソーセージをかじっているわけではなく、入らないから切ってもらっただけですよ。

超絶シンプルな食事ですが、めちゃくちゃおいしい買ったです。

最終的にレストランで食べるよりも、こういうやつの方がおいしかったと思います。

 

移動式遊園地

アウアードゥルトといえば移動式遊園地です。

 

ちょっと昭和っぽさを感じる遊園地です。

 

ガイドブックなどにも載っている魚の丸焼きです。

2尾しかなかったです。

 

ガチの馬のメリーゴーランドです。

 

お菓子のお店も結構ありました。

 

ちびっこもいっぱいいました。

 

子供が好きそうな感じのお店です。

 

入ってきた入口と一番遠い場所にあるお店です。

 

こちらのチョコフルーツのお店でおやつを買いました。

 

チョコマンゴーをお買い上げです。

 

マンゴーにチョコレートがかかっているだけです。

まあ、食べにくい。笑

チョコがパリパリでおいしいですが、下に落ちます。

 

台湾の夜市にもあったダーツで風船を割るやつです。

 

アナログな遊ぶところが多いです。

 

遠心力で回るブランコです。

昔、エキスポランドにあったやつのしょぼい版って感じです。

 

こっちも昭和を感じさせる車のアトラクションが。

 

他にもちびっこが遊べる感じのものが多数ありました。

 

カップにボウルをぶつけるやつとか。

 

何とも言えない観覧車も。

 

ちょっとだけ新しい感じのするアトラクションもありました。

 

輪投げに挑戦

せっかくなので何かしようと思って、輪投げに挑戦しました。

5リングで1ユーロです。

 

簡単そうに見えてなかなか難しかったです。

下の木の土台まで落ちないと成功とみなしてくれません。

何にも取れませんでした。

 

マリアヒルフ教会

せっかくなのでマリアヒルフ教会にも入ってみました。

 

金銀の装飾などがありました。

 

ろうそくもいっぱいでなかなかきれいでしたよ。

 

陶器市

マリアヒルフ教会の教会から南側あたりに陶器のお店がたくさんありました。

 

結構な種類の陶器があります。

 

コップとか普通にぶら下げられてますし。

売り物なのか飾りなのか。

 

規模の大きいお店はもう普通の雑貨屋さんレベルです。

 

お店の数もかなり多かったです。

買っても持って帰るのが大変なので何も買いませんでしたが。

 

キッチン用品専門のお店はかなり面白そうでしたが、時間がなくてじっくりとみられませんでした。

 

本当に何でも売っている感じでした。

 

靴下専門店とか。

 

CD専門店なども。

 

プレート専門店。

 

手前はブラシ専門のお店です。

 

不気味なお面まで売っています。笑

 

スライサーのお店?実演販売的な感じなのかもしれません。

 

犬が台に乗ってる店は目立ちます。

 

洗浄機のホースだけを売っている店も。

 

マッサージ機の1点勝負のお店も。

 

フライパンオンリーです。

 

こちらはトイレのブラシ!

この辺りは協賛企業とかの出店なんでしょうかね。

 

 

1つの枕だけとかも。

 

レジェンド松下みたいな感じでしょうか。

本当はもっと滞在したかったのですが、ノイシュバンシュタイン城の近くのホテルを取っていたので、ここから数時間かけて移動しなければならなかったので、帰ることにしました。

 

まとめ

ミュンヘンの蚤の市のアウアードゥルトに行ってきました。

フリーマーケットというよりも、昔ながらの市場的な感じでかなり楽しめました。

遊園地も子供向きとは言え、輪投げやダーツなど大人も楽しめるものが多く、値段も安いのでちょろっと遊ぶにはもってこいです。

ただ、車で行くと駐車場に困ります。

少し南下すれば空いている路駐スペースがありましたので、混雑していればそのあたりを探ってもいいかもしれません。

 

ドイツ語に不安があっても活躍してくれたのがポケトークWです。

基本的に指さしで大丈夫ですが、レンタカーなどの規約などがややこしい時にはおすすめです。

 

 

海外旅行のオプショナルツアーはベルトラがおすすめです。

私が探した中では最安値が掲載されているので、オプショナルツアーを探している方は是非ご覧になってみてください。

 

VELTRA