ドイツのドラッグストア「dm」の中を紹介 in ミュンヘン コスメや日用品などお土産に最適 ドイツ旅行㉓

イーザル門を後にして、マリエン広場へ向かって歩いていると、「dm」というお店を発見しました。プチプラコスメやシャンプーなど売られており、見どころが多かったので紹介します。

 

ドイツのドラッグストア「dm」

少し前の記事に開店前のdmを発見したことを紹介しましたが、朝の11時前ともなるとほとんどのお店が開店しており、マリエン広場の東側にあるdmも開いていたので入ってみました。

また後日紹介しますが、ドイツのドラッグストアは「dm」の他にも「ROSSMAN」と「müller」にも行っています。

これらのお店は、日本でいうマツキヨやスギ薬局のような感じでした。

 

生鮮食品はないけれど、日用品やコスメなどがかなり数多く揃っており、お土産を買うのにもおすすめです。

 

特に、ドイツのホテルはアメニティが全然ないところが多く、ボディーソープやシャンプー・リンスは持参しなければいけません。

日本から持って行っていなかったり、手持ちのシャンプー類が少なくなったらこちらに買いに来るといいと思います。

 

ちなみにこの場所のdmに入りました。

 

「dm」の中を紹介

中に入るとまず飛び込んできたのが、壁一面に陳列されたコスメです。

 

ちょっとお高いコスメから、essence(エッセンス)というプチプラコスメまで揃っています。

 

こちらのdmはなんと地下まであり、2フロアもあってかなり広いです。

 

とりあえず地下から探索してみました。

 

通路の奥には乾電池やドライバーなどが売っているコーナーがありました。

乾電池式のカメラを使っている方で、予備電池がなくなったらこちらに来ればありますよ。

 

反対側の棚にはアロマキャンドルが。

フレグランスも充実していました。

 

階段の近くにはペット用品コーナーも。

ペットへのお土産まで買えてしまいます。

 

衣類用の洗剤や家庭用洗剤なども売っていました。

地下の奥行きも結構ありました。

 

赤ちゃん用品やおむつ類もありましたよ。

 

離乳食っぽいものや、子供服までありました。

 

説明書きがドイツ語ですが、なんとなくでわかります。

 

旅行中に買う人はいないでしょうが、トイレットペーパーも大量にありました。

ドイツはウォッシュレットではないので、紙の消費量も多そうです。

 

カウンセラーと相談できそうなカウンターもありました。

 

地下はドイツに定住している人用という感じでした。

次は地上階を見ていきます。

 

シャンプーやヘアカラー用品も充実していました。

 

歯磨き粉も多数ありました。

お土産に困ったら歯磨き粉を買っても面白いと思います、消耗品ですし場所も取りませんから。

 

男性用化粧品も充実していました。

 

カミソリ系なども売っています。

 

多分サプリメントや薬類だと思います。

 

ドイツの粉ミルクや液体ミルクのBEBAなどもありました。

調べてみると品質が高くて人気なんだとか。

 

Erkältungとは風邪って意味だそうです。

風邪薬ですね。

 

歩き疲れて足にトラブルが起きた時にも薬系やインソールがあったので、覚えておくといざというときにいいかもしれないです。

 

ドイツはオーガニック製品も多く、BIOと書かれたものが多くありました。

 

冷蔵棚もあり、冷えたドリンク類はレジ前にありました。

 

レジです。

こちらもIKEAのようなベルトコンベアに商品を置いて、会計をしてもらいます。

 

前の人と商品が混ざらないように仕切り棒を置いて区別をします。

 

GoProだと見きれてしまっていましたが、右下にクレジットカードのリーダーがあり、そちらにカードを挿して、PINコードをいれたら会計終了です。

日本とは違って店員さんにカードを渡すことなく、自分でカードリーダーにカードを入れて自分で引き抜かなければなりません。

わからなかったら教えてくれますけどね。

 

まとめ

ドイツのドラッグストアのdmに行ったことを紹介しました。

日用品がほとんど揃うので見かけたらぜひ寄ってみると楽しいです。

海外旅行の楽しみの1つが現地のスーパーやドラッグストアなので、この店だけで1時間くらい滞在してしまいました。笑

ちなみに買ったものは化粧品と髪用のくしです。

実はブラシを持ってくるのを忘れてホテルにもなかったので、この日は頭ボサボサでした。笑

次回はマリエンプラッツの新市庁舎の仕掛け時計を見に行ったことを紹介します。

 

 

海外旅行のオプショナルツアーはベルトラがおすすめです。

私が探した中では最安値が掲載されているので、オプショナルツアーを探している方は是非ご覧になってみてください。

 

VELTRA