ルフトハンザ航空でドイツへ出発 座席の広さやサービスは? ドイツ旅行⑥

ドイツ旅行の出発編です。関西国際空港からルフトハンザ航空でミュンヘン空港へ飛び立ちました。ルフトハンザ航空の座席の広さやサービスなどを紹介します。

 

関西国際空港へ

関空への交通はいくつかありますが、私がいつも利用しているのは三宮から出ている空港リムジンバスです。

往復3080円でスーツケースも運んでくれ、20分に1本程度走っているので便利です。

 

今回は、8時55分発のルフトハンザ航空の便に乗る予定だったので、5時45分の便で関空に向かいました。

大体6時50分くらいに関西国際空港の第1ターミナルに到着しました。

 

ルフトハンザ航空へチェックイン

いつもならWIFIを受け取りに行くのですが、今回はGWで人が多いことを考慮して家に宅配便で前日に届けてもらっていました。

朝早かったのであまり人がおらず、全然空港でピックアップしてもよかったかもしれません。

 

ということでそのまま、ルフトハンザにチェックインしにいきます。

ちなみにANAでチケットを取っていましたが、コードシェア便なのでルフトハンザチェックインです。

 

一応前日にオンラインチェックインしていたので、上記の画像の左側の荷物を預けるだけでよかったのですが、普通にエコノミークラスの列に並んでしまいました。

お姉さんにeチケットの控えを見せると、オンラインチェックインしているのでメールで送られてきたQRコードを見せるように言われました。

メールのQRコードを無効にして、紙チケットを発行してもらいチェックイン完了です。

 

スーツケースも預け入れは、1つ23kgまで、持ち込み8kgまでですが全然厳しくなかったです。

ただし、スーツケースにリチウムバッテリーなどが入っていないかは確認されました。

 

ここで帰りのミュンヘン空港のチェックインに関しても、ANAのカウンターじゃなくてルフトハンザのカウンターでいいんですよね?と念のために聞いておきました。

また詳しく書きますが、コードシェア便なのにミュンヘン空港でANAのeチケットを見せると、「それはANAだ」みたいなことを言われて、危うく違うカウンターに行かされそうになりました。

ANAのサイトからeチケットを印刷するだけじゃなく、ルフトハンザのサイトからも工程表を印刷しておくことをお勧めします。

 

手荷物検査

チェックインしたら手荷物検査です。

海外に比べて関空の手荷物検査ってゆるい気がするのですがどうでしょう。

 

1回リュックが異状ありのレーンにはじかれてしまいましたが、中身を開けて確認することなく普通に受け取らせてくれました。

多分、ラップトップとiPad入れてたからかなと思います。

出しておかないといけなかったんですね。

 

ちなみにここは保安上写真撮影禁止なので画像はありません。

 

ラウンジで休憩

非常食にソイジョイなどをいくつかとペットボトルの飲み物を2本買って、時間があったのでカードラウンジで休憩しました。

ちなみに7時30分からしか開いていないので、早く行っても待ちぼうけです。

 

ドリンクバーがあって飲み放題です。

 

アルコール類は有料ですが飲むことができます。

 

席はゆったりしていますが、席数は少なめです。

コンセントがあるので充電やラップトップコンピューターを使えます。

 

ルフトハンザ航空に搭乗

8時15分から登場開始です。

 

エコノミークラスなので順番まで待ちます。

 

航空券のバーコードをピッとやって乗り込みます。

 

ルフトハンザ航空の座席です。

エコノミーは3席×3列です。

 

ヘッドレストにはモニターがついています。

 

普通に座っても足元は余裕があります。

前回のAir Asiaよりはかなり快適。

 

窓側の席を事前に予約しておきました。

1人4500円なので往復9000円、2人で18000円となかなかのお値段です。

オンラインチェックインができる23時間前からなら無料で座席を指定することができますが、GWの混雑などを考慮し、18000円支払いました。

 

座席のポケットなどにはルフトハンザマガジンなどが入っています。

 

普通の枕がついていました。

 

ブランケットもついています。

 

離陸してからしばらくしたらヘッドセットも渡されました。

 

結構映画が充実していました。

ファンタスティックビーストやボヘミアンラプソディを見て過ごしました。

iPadにいっぱい動画を入れてきたのに全く使わなかったです。

 

食事のお品書きもくれました。

 

飲み物も充実していました。

ビールなどのアルコールも無料です。

 

最初にプレッツェルのお菓子と飲み物をくれました。

アルコールでもよかったのですが、オレンジジュースにしました。

 

CAさんが美人!

 

豚バラの味噌炒めのご飯です。

 

こちらはチキンです。

 

ドイツビールもいただきました。

 

と思ったのもつかの間で、気圧の関係で酔いが以上によく回り、気持ち悪くなりました。

 

軽食のおにぎりです。

 

ここからはレンタカーの運転もあるのでアルコールは控えてウーロン茶です。

 

トイレに立った時に一番後ろからとった写真です。

 

こちらは朝食です。

サーモンでソースがおいしかったです。

 

こちらは牛肉です。

 

そうこうしているうちにドイツに到着です。

 

降りる時に撮ったファーストクラスの写真です。

いつかは乗りたい。

 

ということでドイツに到着しました。

12時間ほどかかり、ずっと座っていたのでなかなか疲れましたが、ルフトハンザの機内サービスはご飯もおいしいし、映画も見放題だし楽しめました。

一応機内のWIFIもありましたが、今回は使用しませんでした。

 

まとめ

ハワイやオーストラリアには行きましたが、今回初のヨーロッパに降り立ちました。

11時間50分という結構長い飛行機だったので不安もありましたが、案外快適に過ごすことができました。

日本発だったので日本人のCAさんもいましたし、また利用したい航空会社ですね。

次回はミュンヘン空港での入国審査を紹介します。