ハワイ旅行⑪ シーウォーカー・スキューバダイビングなどのマリンスポーツ in カネオヘ湾 サンドバー 行ってきたので口コミ・レビュー

2日目の朝、アイランド・ヴィンテージ・コーヒーでアサイーボウルを食べた私たちは、その後オプショナルツアーでカネオヘ湾の1日マリンスポーツ体験に参加してきました。かなり満足度の高いアクティビティだったので紹介します。

 

カネオヘ湾で1日マリンスポーツ&シーウォーカー

今回参加したのは、オプショナルツアーを取り扱っているベルトラの「カネオヘ湾 1日マリンスポーツ&サンドバー(砂州)ウォーキングパッケージ by トロピカル・オーシャン・スポーツ / シーウォーカー+マリンスポーツ6種類体験 」というのに参加しました。

値段は割引後で2人で262ドルと3万円弱くらいするオプショナルツアーですが、シーウォーカーを体験したかったので、組み込みました。

ちなみに妻は海が怖いのでかなり嫌がっていましたが、せっかくハワイに行くんだからと半ば強引に連れて行きました。

 

体験できるマリンスポーツは

■ジェットスキー

■バナナボート

■バンパーチューブ

■シュノーケリング

■フィッシング

■水上トランポリン

 

これらの6種類とシーウォーカーです。

プラスでウミガメを見るためにボートに乗せてもらったり、サンドバーにみんなでカヌーを漕いで行くなどもありました。

正直微妙なのもありましたので、そちらも含めて紹介していきます。

 

申し込みはこちらからできます。

VELTRA

 

バスに乗ってカネオヘ湾へ

アサイーボウルを食べてお腹を壊して、遅刻ギリギリで到着した私たちは、バスに乗ってガイドのおばちゃんの指示で、事故が起こった場合などの免責の書類にサインなどをしました。

花粉症などの軽微なこともチェックポイントに入っていましたが、それにチェックをすると参加できなくなるので、気になることがある場合は、先に聞いてくださいとのことでした。

 

バスの中で組み分けをされて、その組で体験するアクティビティの順番が決まっているようでした。

通常は大人気のプランなんだそうですが、私たちが参加した日はめちゃくちゃ人数が少なくて20人ほどしかいませんでした。順番待ちが少なくてめちゃくちゃラッキーでした。

 

カネオヘ湾の港に到着しました。

ここら辺でジュラシックワールドの撮影が行われていたそうですが、映画を見に行きましたが、どこなのかあまりわからなかったです。

 

みんなで降りて船に向かって歩きます。

 

カフェでおっちゃんが朝ごはんを食べていました。

なんか雰囲気があってよかったです。

 

乗船して海へ

船の写真を撮ってませんでした・・。

カヌーの時に撮った写真に船が写ってたのですが、真ん中に浮かんでいる青い船で湾の真ん中まで行きました。

 

船に乗っている間に、ガイドのおばちゃんが、人が少ないので、追加料金を払えばスキューバダイビングも体験できるよと紹介してきました。

「今回、スキューバの先生がトップレベルの人が乗っているから、追加料金8000円でできるのは、めちゃくちゃお得!シーウォーカーでは体験できない感動があるよ。無理だと思ったら、呼吸の練習の時にキャンセル可!」

と、その気にさせるうまい営業トークにのせられて、スキューバも追加で申し込みました。

私は、以前からスキューバダイビングをやってみたかったので、ラッキーでした。

 

私たちはダイソーのゴーグルと、昔、新婚旅行で買った安い水中デジカメを持って行っていましたが、ここでゴーグルを持っていない人や、水中カメラが欲しい人は購入することができましたよ。

ゴーグルは必須です。

あとスマホの水中ケースで考えている人はやめた方がいいです、たぶん水中だとタッチパネル反応しないですし、水没したら終わりです。

 

私の持っているカメラの後継機がこちらで、安い割に使えます。

リンクの商品は防塵もついていますが、私のは防水のみのものです。

 

マリンスポーツ体験

ガイドのお姉さんが○○さんと呼んでくれて、次はこれ体験してきてください。と言われてそれをやるという感じのスタイルでした。

体験するものによって、ライフジャケットを着て、準備をするという感じです。

体験した順番はあやふやなので、それぞれのマリンスポーツのレビューします。

個別に申し込む人の参考にしてください。

 

ジェットスキー

ジェットスキーは事前の説明では、自分でも運転させてもらえるとのことでしたが、ハワイアンのお兄ちゃんの後ろに乗って、猛スピードで円を回るという感じでした。

確かに自分ではあのスピードは出さないだろうけれど、ちょっと運転してみたかったですね。

でも、スピード感はめちゃくちゃあってかなり楽しかったです。

 

ただ、やんちゃそうな兄ちゃんで、ガイドさんが呼んでもなかなか来ない。笑

「来い」って言われても来ない犬みたいでした。

 

バナナボート

最初に体験したのがこれです。

バナナじゃなくて唐辛子みたいな浮き輪に乗って、ボートで引っ張ってもらうというアクティビティでした。

ゴーグルがないと前見えないです。

 

バンパーチューブ

円状の大きいボードに持つところがついており、2人並んでうつぶせで寝転がり、ボートで引っ張ってもらうアクティビティです。

めっちゃ速いし、水しぶきが痛い!

足が水面にあたると叩きつけられるような感じがするので、気を付けた方がいいです。

妻は振り落とされて、トラウマと言っていました。

 

シュノーケリング

エサ用のパンをもらって、シュノーケリングです。

船の近くにロープが張られているので、それを目印に潜って魚を見ることができます。

こんな感じの魚や

 

フムフムヌクヌクアプアっぽいのもいますよ。

 

フィッシング

船の上から釣り具を借りて、餌のパンをもらって釣りができます。

これは空いている時間に釣り具を借りてやるスタイルでした。

もしかしたら、人数が少なかったからやり放題だったのかもしれません。

ただ、つれませんでした。

 

水上トランポリン

正直やらなくていいですこれ。

トランポリンまで泳いで行って、そこで飛び跳ねるだけ。

ここがトランポリンの上で、最後は滑り台で降りるという感じでした。

船から泳いで行くのも疲れるし、疲れた状態で飛び跳ねる意味が分からん。笑

ついているならやったらいいですが、わざわざ選ぶ必要はないです。

 

これらがベルトラのHPに載っているアクティビティです。

 

ウミガメウォッチング

昼からウミガメを見るために、ボートでハワイアンのお兄さんが連れて行ってくれました。

朝は息継ぎしにくる亀が見れるらしいですが、昼間は全然見れませんでした。

午前中で帰る人が多かったので、私たちは後回しにされたのが見れなかった敗因ですね。

でも、お兄さんと船の上で「もしもし亀よ~」って歌って楽しかったですけどね。

2番の歌詞がわからずにお兄さんに「何でよ」って突っ込まれました。笑

そして、お兄さんはなぜか「ヒロシ~」って叫んで亀を探していました。

 

カヌー&サンドバー

みんなで漕ぐカヌーに乗ってサンドバーに行きました。

サンドバーと言いながら、膝くらいまで水があり、下は石まみれなのでなんかちょっと微妙でした。

昔、家族で行ったサンドバーはビーチバレーとかできたんですが、会社が違うと結構違いますね。

 

シーウォーカー

これをお目当てに行きました。

ボートでシーウォーカー用の浮島まで乗せてもらい、1組6人で行いました。

ウェットスーツと手袋、シューズを装着したら、海へともぐります。

2人ずつ降りる感じなので、最初に降ろしてもらうと長い時間潜っていられますよ。

 

降りるときに耳抜きをしないと耳が痛くなるので要注意です。

下に降りたら、魚の骨みたいなバーがありそれを持って、電車ごっこみたいな状態で海底を歩きます。

ある程度行ったら止まって、ガイドさんがパンをくれて、魚に餌付けができます。

 

こんな感じで魚が寄ってきます。

 

私は少しずつ手の隙間からパンをあげていたのですが、人に慣れているのでめちゃくちゃ口を突っ込んできますよ。

 

油断したら目の前が魚だらけです。

 

あまりに寄って来るので逃げています。笑

 

最後に記念撮影をガイドさんがしてくれます。

自分のカメラでしてくれるだけなので、水中カメラは必須ですよ。

この写真もさっきの安い防水デジカメですが、水深結構あったのに耐えてくれました。

おすすめです。

 

時間になったらはしごを上って終わりです。

私はこれで耳の調子がおかしくなり、帰国後、海外旅行保険で耳鼻科に通いました。笑

 

スキューバダイビング

追加料金を支払って体験したスキューバダイビングです。

練習があるといっていたのに、ほぼいきなり本番でした。

 

ウェットスーツを着て、足ヒレをつけて、水中メガネをつけて準備をします。

船から降りるところでボンベをつけて、海に入ります。

一応そこで呼吸の練習はありましたが一瞬です。

私は慢性鼻炎があるので、口呼吸はなれたものなので余裕でしたが、妻がうまく口だけで呼吸できずに、水中メガネが浮いてきて困っていました。

 

後ろにインストラクターさんがついてくれて、猫が子猫を持つような感じで、首元を持たれてポイントまで連れて行かれます。

そして、ロープを伝って下に降りていきます。

 

 

そのあとはインストラクターさんに引っ張られて移動していくので、自分ではほぼ何もしていないです。

 

こちらもかなり魚を見ることができました。

 

しかし、ここでトラブルが発生しました、インストラクターさんに引っ張ってもらっていた妻がサンゴに足をぶつけて流血です。

妻曰く、当たると思っていても後ろから引っ張られるから当たるしかなかったそうです。

仕方なかったのかもしれないですが、そこはもうちょっとしっかりと誘導してほしかったですね。

 

寒さと恐怖からここで妻はガクブル状態になってしまい、リタイアです。

私は水中で視界が悪く何が起こったのかわからず、もう1人のインストラクターさんに引き連れられて、上に上がって事情を知ることとなりました。

怪我自体は大したことないのですが、サンゴで切ると小さい傷がたくさんできるので、今でも若干痕になっています。

 

スキューバ嫌がっていたのに、怪我させたので申し訳なかったですが、少し休憩したら落ち着きを取り戻してくれたのでよかったです。

マジで船でタオルにくるまってブルブル震えてるから焦りました。

 

お昼ご飯

お昼ご飯はカレーがでてきました。普通においしかったです。

テーブルにはドーナツとかフルーツなども置いてくれており、お茶やコーヒーも飲み放題でした。

 

マリンスポーツからの帰路

1日コースだったので、夕方くらいに港についてバスでワイキキ市内へと戻りました。

着替えるための更衣室がなく、着替える人はタオルで巻いて着替えるか、トイレで着替えるしかありません。

バスは水着のままでOKなので、私たちはそのまま乗り込みました。

濡れてるのに布シートに座っていいの?と思いましたが、いいというのだからいいのでしょう。

 

1日マリンスポーツの感想

せっかくハワイに来たのだからマリンスポーツは外せないと思います。

私たちの参加した日は人数が少なかったので、バナナボートを午後組の人たちと一緒にのせてもらえたり、かなり充実して楽しかったです。

 

よかったところ

シーウォーカーを含めたマリンスポーツが楽しめる。

ハワイアンの人たちが陽気。ちょっとマイペースすぎるけど。

日本語でガイドしてくれる。(日本語がわからないハワイアンもいます)

 

ダメだったところ

船のトイレが汚い。

更衣室がない。

スキューバ時のサンゴへの衝突。

金庫がないのでちょっと不安。(途中で日本人じゃない人もいたので)

 

持って行った方がいいもの

水着

ビーチタオル

ゴーグル

防水デジカメ

ビーチサンダル

 

おわりに

今回は1日マリンスポーツ体験のレビューと感想を紹介しました。この後、ホテルに戻って、水着のままだったのでホテルのプールで遊びました。

ホテルのプールは温かいジャグジーもあるので、冷えた体をほぐすことができましたよ。

まだ、2日目は終わりません、この後、ウルフギャングステーキに行ったので、次回はそちらをレビューします。

 

今回のハワイ旅行はエアトリ(DeNAトラベル)で申し込みました。

5泊7日が1人6万円台で空港利用料など合わせても7万円台に収まった旅行でした。

その分色々食事などに充てることができて充実した旅行になりましたよ。

ハワイ旅行を考えている人はバナーから行けるのでどうぞ。

 

 

また、オプショナルツアーはベルトラが安くておすすめでした。

次回紹介するシーウォーカーもこちらから予約しました。

サイトへはバナーから行けるのでどうぞ。

VELTRA