ハワイ旅行㉑ ラニカイビーチにレンタカーで行ってみた 駐車場は? 全米No1ビーチ

前回、ブーツ&キモズのパンケーキを食べに行ったと紹介しました。そのまま足をのばして、全米No1の美しいビーチのラニカイビーチにレンタカーで行ったので紹介します。

 

ブーツ&キモズからラニカイビーチへ

カイルアでブーツ&キモズのパンケーキを食べたなら、ぜひとも近いので行っておきたかったのが、全米No1のビーチに選ばれたラニカイビーチです。

 

頑張れば歩いていけない距離でもないくらいの近さですね。

レンタカーで行っていたので、もちろん車で行ってきました。

 

駐車場がいっぱいでとめられない

ラニカイビーチは住宅の裏側にあるビーチで、大きな駐車場は一切ありません。

人の家の前の邪魔にならないところに停めさせてもらうといった感じで、私たちはすぐに別の場所に行くつもりで、どんなところか見たかっただけなので、すぐに停められるだろうと思っていました。

しかし、上記の写真のように止める余地がありません。

 

繁忙期ではないから大丈夫だろうと思っていたのが間違いでした、GWからずらしたので日本人は多くなくても、外国の方がたくさんいました。

特に、ラニカイビーチの前の道は一方通行になっているので、空いていなければそのまま通過して、ぐるぐると回って駐車場を探さなければならない、結構めんどくさい感じでした。 

 

少し歩くけれども、駐車場があったのでここにとめようかと思ったのですが、こちらも満車でした。

地図でいうとこのあたりです。

 

 

カイルアビーチパーク駐車場にとめようかと思ったのですが、こちらも満車でした。

地図で言うとここです。

 

カイルアビーチパークに路駐

結局カイルアビーチパークのみんなが路駐しているところにとめました。

こういう時はコンパクトカーはとめやすいのでいいですね。

 

ラニカイビーチまで歩く

カイルアビーチパークとラニカイビーチはほぼ隣接しているので、ラニカイビーチで駐車スペースが見つからなかったら、ラニカイビーチに停めるのがおすすめです。

私たちもそこから歩きましたが5分程度でした。

 

途中でラニカイビーチの看板が出てくるので、写真を撮るにはおすすめです。

 

ラニカイビーチの前の家って大きいところばっかりでした。

門の前に車を停めるのはNGなので、どこに停めていいのかパッと見わかりにくいです。

 

ラニカイビーチへ到着

ラニカイビーチは家と家の間の路地を入って行くことでたどり着けます。

中にはビーチにいけないところもあるので、写真のように「NO BEACH ACESS」といった看板が立っていたりします。

 

路地を抜けるとそこにはめちゃくちゃ綺麗なビーチが!

さすが全米No1ビーチ。

 

カイルアビーチパーク側はこんな感じです。

こちらも綺麗。

 

駐車場は停めにくいですが、ビーチに対して人は少なめです。

でも奥の方に結構人いますけれども。

本当に見ただけで帰りました。

 

こちら帰り道のカイルアビーチパークの様子です。

カイルアビーチパークの方が駐車場もたくさんあって遊ぶならこちらの方が使い勝手がよさそうです。

 

まとめ

全米No1のラニカイビーチがどんなものか見たかったので、レンタカーで行ってみました。

ラニカイビーチは住宅の脇道を抜けていくビーチなので、駐車場が少ないのが難点でした。

路駐する場所がなければカイルアビーチパークの駐車場がおすすめです。

この後はハナウマ湾でシュノーケリングをしてきたので、個人で行く場合の注意点などを紹介したいと思います。

 

この旅はエアトリ(旧DeNAトラベル)のツアーでエアアジアで行き、5泊7日が1人6万円台で空港利用料など合わせても7万円台に収まった旅行でした。

普通に旅行すれば交通費とホテル代だけで2~3倍かかるので、その分オプショナルツアーや食事・買い物などにあてることができましたし、レンタカーを借りていつもとは違うたびができました。

ハワイ旅行を考えている人はバナーから行けるのでどうぞ。

 

 

また、オプショナルツアーはベルトラが安くておすすめでした。

私が調べた時は、他のオプショナルツアー会社と比べても同じプランでも値段が安かったので、値段を比べてみてください。

さらには、レビューを書けば無料キャンペーンがある場合もあるので、さらにお得に行けることもありますよ。

VELTRA